8月3日ははちみつの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

はちみつの日今日は何の日
8月3日の「今日は何の日?」は「はちみつの日」です。

スポンサーリンク



8月3日ははちみつの日

今回は「はちみつの日」について解説していきます!
なぜ8月3日が「はちみつの日」なのかというと、八(はち)三(みつ)で「はちみつ」という語呂合わせが由来となっています。

「はちみつの日」については全日本はちみつ協同組合と日本養蜂はちみつ協会によって1985年に制定された記念日となります。
「はちみつの日」以外にも全日本はちみつ協同組合と日本養蜂はちみつ協会によって制定された「みつばちの日」という記念日があります。

はちみつは歴史が古く、古来より人間の生活を支えてきました。
日本が平安時代だったころははちみつが大変貴重なものであったことから、宮中への献上品としても使われていました。

また、薬効が認められていることから、世界中で古来より重宝されてきました。
はちみつについての記述は旧約聖書にも登場し「心地良い言葉は、蜂蜜のように魂に甘く、身体を健やかにする」とされているように、はちみつは人間を健康にするものだとされていました。

はちみつは様々な用途で使えますし、「はちみつの日」を機会にしてはちみつを買ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



はちみつの雑学

今回は「はちみつの日」にちなんで「はちみつの雑学」を紹介します。

蜂が一生で集めるはちみつの量

はちみつは古来より人間の食生活や健康を維持するのに欠かせないものですが、そのために毎日のようにたくさんのはちみつが消費されています。
そのために養蜂などをしてたくさんのはちみつが作られているのですが、世界でなんと約170万トンものはちみつが作られているそうです。

もちろんはちみつ自体は蜂がせっせと働いて集めてきてくれるのですが、そんな働き者の蜂が一生をかけてどれぐらいのはちみつを集めてきてくれるのかを知っていますか?
蜂が一生をかけて集めてくるはちみつの量は、僅か4~6グラムほどしかないそうです。

これはティースプーン1杯分程度にしかならず、あれだけ飛び回って集めているのにちょっと少ないと感じてしまいますよね。
そもそも蜂の寿命は1か月程度しかなく、さらにはちみつを求めて飛び回っている期間は2週間ほどしかないため、頑張って集めたとしても4~6グラムにしかならないそうです。

しかし、塵も積もれば山となるというように、蜂が頑張ってくれるおかげで人間は170万トンものはちみつを手に入れることが出来ているんですね。

はちみつは永遠に腐らない?

はちみつといえば賞味期限が長くて長期間に渡って保存できる便利な食材ですよね。
実はそんなはちみつなんですが、正しい保存方法で保管しておけば永遠に腐る事がない食品だって知っていましたか?

過去には古代エジプトの墓から約3300年前のものとされるはちみつ瓶が見つかりましたが、とても保存状態がよかったため腐っておらず、はちみつの品質の変化がほとんどなかったそうです。
はちみつが腐らないのには2つの理由があります。

まず、水分がほとんど含まれていないため、はちみつを腐らせる菌が繁殖し辛い環境になっていることが挙げられます。
そして、糖度がとても高い事から菌が繁殖し辛い環境となっており、なかなか腐ることはないんですね。

はちみつを腐らせないためには直射日光を避けて、湿気の少ない涼しい場所に保存することです。
また、水分が原因で腐ってしまうため、清潔で乾いたスプーンを使ってはちみつを取るようにしてください。

冷蔵庫に保管してしまうとはちみつが結晶化してしまうため注意が必要です。
以上がはちみつの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月3日)
ハサミの日
はちみつの日
ハモの日

■明日は何の日?(8月4日)
箸の日
橋の日
ビアホールの日

■昨日は何の日?(8月2日)
ハーブの日
パンツの日
カレーうどんの日

スポンサーリンク



フォローする