8月4日は箸の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

箸の日今日は何の日
8月4日の「今日は何の日?」は「箸の日」です。
また「箸の日」にちなんで「箸を普及させたのは聖徳太子」「韓国で金属の箸が使われる理由」など箸にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



8月4日は箸の日

今回は「箸の日」について解説していきます!
なぜ8月4日が「箸の日」なのかというと、「は(8)し(4)」(箸)という語呂合わせが由来となっています。

「箸の日」については「箸を正しく使おう」という民俗学者の提唱で、わりばし組合によって1975年に制定された記念日となります。
東京・千代田区の日枝神社では、この日に神前に長さ1mの大きな箸を供えて古い箸を焼いて供養する箸供養祭が行われているそうです。

針供養は聞いた事がありますが、箸供養も行われているなんてちょっと驚きですよね。
また、「箸の日」については株式会社藤本商會本店によっても制定されています。

株式会社藤本商會本店は箸などの製造・販売などを行っている企業で、この日を「毎日の食事のときに欠かせない箸への感謝を表すことが目的の日」としています。
日本人の食文化に欠かせない存在の箸ですが、当たり前のように使われていて確かにあまり感謝されることはありませんよね。

「箸の日」には箸の有り難味を噛みしめながら食事をしてみましょう。

スポンサーリンク



箸の雑学

今回は「箸の日」にちなんで「箸の雑学」を紹介します。

箸を普及させたのは聖徳太子

現在の日本の食文化には欠かせない箸ですが、箸の歴史はとても古く既に飛鳥時代には箸食の文化があったそうです。
箸食の制度をいち早く導入したのは飛鳥時代の朝廷でした。

箸食の文化についてはもともとは中国から始まったもので、当時の日本はまだ手づかみで食べ物を食べていました。
そもそも箸食の文化が日本に伝わっても手づかみが当たり前だったため、面倒臭いという理由もあってかなかなか普及することはありませんでした。

聖徳太子が当時の中国(隋)に遣隋使を派遣する際に、隋とは対等な付き合いをしていきたいという意向の手紙を持たせようとしましたが、対等な付き合いをしたい人間が手づかみで食事をしていたら下品だと思われてしまいますよね。
そこで、聖徳太子は朝廷内で箸食制度を普及し、隋へ派遣したとしても恥ずかしくないような箸の作法を身に付けさせていったのでした。

韓国で金属の箸が使われる理由

日本でも箸食中心の文化となっていますが、お隣の国である韓国についても箸食文化になっていますよね。
しかし、日本で使われている箸が木製なのに対して何故か韓国で使われている箸は金属製ですよね。

ちなみに日本に箸を伝えた中国についても木製の箸を使っています。
金属製の箸は熱いものを食べていると熱くなりますし、冷たいものを食べていれば冷たくなり、はっきりいって使いづらいのですがなぜ韓国だけが金属製の箸を使用しているのでしょうか。

これはこれまでの韓国の歴史が関係しているそうです。
朝鮮半島は1950年代まで戦争をしていたように、過去の歴史を振り返っても頻繁に戦いが起こる地域でした。

そのため、木製の箸ではもろくてすぐに壊れてしまうため、丈夫で長く使える金属製の箸が使われるようになったとされています。
以上が箸の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月4日)
箸の日
橋の日
ビアホールの日

■明日は何の日?(8月5日)
タクシーの日
はんこの日
箱の日

■昨日は何の日?(8月3日)
ハサミの日
はちみつの日
ハモの日

スポンサーリンク



フォローする