8月5日はタクシーの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

タクシーの日今日は何の日
8月5日の「今日は何の日?」は「タクシーの日」です。

スポンサーリンク



8月5日はタクシーの日

今回は「タクシーの日」について解説していきます!
なぜ8月5日が「タクシーの日」なのかというと、1912(大正元)年8月5日に東京・数寄屋橋のタクシー自動車株式会社が日本で初めてのタクシーの営業を開始したことが由来となっています。

「タクシーの日」については東京乗用旅客自動車協会(東旅協)によって1984年に制定され、翌年の1985年から実施が始まりました。
現在では全国乗用自動車連合会(全乗連)が全国統一キャンペーンとして実施をしています。

また、一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会によっても「タクシーの日」が提唱されています。
日本初のタクシーはT型フォードだったとされています。

現在も日本の交通を支えているタクシーですが、まさか100年以上も前から存在しているとは驚きですよね。
普段は車を使うという人でも飲み会があった時などは自分で運転するわけにもいかないので、タクシーにお世話になる人も多いのではないでしょうか。

金曜日の夜ともなると飲み屋街にズラーッと並んでいるのが印象的ですよね。
2017年現在では自動車の自動運転なども可能になってきましたし、将来的には無人で目的地まで届けてくれるタクシーなどが登場すると面白そうです。

スポンサーリンク



タクシーの雑学

今回は「タクシーの日」にちなんで「タクシーの雑学」を紹介します。

タクシーとハイヤーの違い

タクシーと同じく人の送迎を行っているものでハイヤーと呼ばれるものがありますよね。
どちらも人の送迎を行っているという点では共通しているように見えますが、タクシーとハイヤーの違いについては知っていますか?

まず、タクシーについては基本的には走行中のタクシーを自分の意思で止めて乗り込み、目的地まで運転してもらう事が多いですよね。
そのため、タクシーは乗り込んでから目的地まで乗車した分だけ料金がかかります。

ハイヤーについては基本的には予約制になっていて、ハイヤーの営業所に連絡を取って配車してもらい、指定の場所まで迎えに来てもらって、目的地まで送ってもらうという場合が多いです。
ハイヤーはタクシーと違って乗り込んだ時から料金が発生するのではなく、営業所から出て送迎を行って営業所へ戻るまでが料金の対象となることが多いようです。

このように、タクシーとハイヤーでは料金の形態や用途が違うということがわかりますよね。

面白いタクシーの業界用語

その業界によって業界人にしか通用しない業界用語ってありますよね。
実はタクシー業界でも面白い業界用語がいくつかあるので紹介します。

まずは「お化け」という業界用語についてです。
「お化け」とは思いもよらない場所から長距離を乗ってくれる客が現れることを指す言葉です。

ある程度その日の業務が終わって営業所に帰ろうとしたりしてて、お客さんが見つかり「どうせ近くのマンションだろ」とか思っていたら、思わぬ長距離の場所を指定されてラッキーだった場合などに「お化けが出た」といった言葉を使うそうです。
また、不審者など疑わしい人が乗車している場合にひそかに無線で伝える方法として「鞄の忘れものがあります」と報告するそうです。

それ以外にも大きな事件を起こして指名手配されている犯人などを乗せている場合には「大きな忘れものが乗っています」というように無線局に伝えられるそうです。
このように無線で話していたら疑われていると思ってください。

以上がタクシーの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月5日)
タクシーの日
はんこの日
箱の日

■明日は何の日?(8月6日)
広島平和記念日
ハムの日
太陽熱発電の日

■昨日は何の日?(8月4日)
箸の日
橋の日
ビアホールの日

スポンサーリンク



フォローする