8月5日ははんこの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

はんこの日今日は何の日
8月5日の「今日は何の日?」は「はんこの日」です。

スポンサーリンク



8月5日ははんこの日

今回は「はんこの日」について解説していきます!
なぜ8月5日が「はんこの日」なのかというと、「は(8)んこ(5)」という語呂合わせが由来となっています。

「はんこの日」については山梨県甲府市の印判総合商社、モテギ株式会社によって制定された記念日となります。
「はんこの重要性をPRすること」が目的となっており、この日には全国の印象業者に呼びかけて「はんこの日」のPR活動を行っているそうです。

また、「はんこの日」とは別にして10月1日に全日本印章業組合連合会によって制定された「印章の日・ハンコの日」が存在しています。
学生のうちにはあまりはんこを使う機会がないかもしれませんが、社会人になると何かとはんこにはお世話になりますよね。

特に仕事をしている時には書類を提出して受理してもらうために自分のはんこ以外にも上長や時には社長のはんこももらう必要があります。
それ以外にも個人的に色々な契約を結んだり銀行の口座を開設したり、様々な場面ではんこが使われますよね。

思い返してみると改めて日常生活ではんこが重要なものであるかがわかります。

スポンサーリンク



はんこの雑学

今回は「はんこの日」にちなんで「はんこの雑学」を紹介します。

日本最古のはんこは中国製

日本に初めてはんこの文化がもたらされたのは弥生時代だったとされています。
はんこは日本独自で作り上げた文化ではなく、中国からもたらされたものでした。

日本に初めてもたらされたはんこは大変豪華な金印であり、西暦57年に後漢の光武帝が奴国王帥升に与えたものでした。
歴史の教科書に登場したかと思いますが「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」と刻まれている、いわゆる「漢倭奴国王印」というものですね。

その後、日本にもはんこという文化が浸透していき、日本でもはんこが作られるようになりました。
日本初の独自のはんこは「大連之印」と呼ばれるものであり、「大連(おおむらじ)」と呼ばれる天皇の補佐を務める役職の人が持つはんこでした。

現在ではこのはんこが日本に現存する最古のはんこだとされていますが、いつごろに造られて使われ始めたのかはわかっていません。

はんこと印鑑の違い

皆さんははんこと印鑑の違いってわかりますか?
そもそもはんこと印鑑を同じものだと考えている人が大多数だと思いますが、はんこの印鑑は本来別の意味の言葉となります。

まずは「はんこ」についてですが、はんこは別名「印形(いんぎょう)」や「印章(いんしょう)」などと呼ばれており、印を押すための道具を指す言葉となります。
そして「印鑑」については「はんこ」と同じく押印するための道具だと思われがちですが、押印された印の事を「印鑑」というのが正しいんです。

そのため「はんこで押印されたものが印鑑」という事になりますね。
ただし、最初に書いたとおり「はんこ」と「印鑑」について明確に使い分けをしている人はほとんどいないので、例えば「印鑑を押してください」など間違った使い方をしても意味が伝わらないことはないでしょう。

以上がはんこの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月5日)
タクシーの日
はんこの日
箱の日

■明日は何の日?(8月6日)
広島平和記念日
ハムの日
太陽熱発電の日

■昨日は何の日?(8月4日)
箸の日
橋の日
ビアホールの日

スポンサーリンク



フォローする