8月6日は太陽熱発電の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

太陽熱発電の日今日は何の日
8月6日の「今日は何の日?」は「太陽熱発電の日」です。

スポンサーリンク



8月6日は太陽熱発電の日

今回は「太陽熱発電の日」について解説していきます!
なぜ8月6日が「太陽熱発電の日」なのかというと、1981年8月6日に香川県三豊郡仁尾町の電源開発・仁尾太陽熱試験発電所で世界初の太陽熱発電が行われたことが由来となっています。

しかし、残念なことに仁尾太陽熱試験発電所は日照量が少なかったたため、最大出力が2000kWと実用できる程度の大規模な発電が出来ませんでした。
その後も日照量を確保することが出来なかったため、この発電所での実験は1985年に中止されることとなりました。

実は太陽熱をエネルギー利用する研究自体は1955年には開始されていました。
現在では永遠と降り注ぐ太陽光による熱をエネルギー利用できたならば無尽蔵のエネルギー源が確保できたと大喜びするところですよね。

しかし、当時は現在のように石油の価格が高騰しておらず、石油を燃やしていれば簡単にエネルギーを作ることが出来ていたため、太陽熱を利用しようとする研究者はあまりいませんでした。
1973年のオイルショックの影響で石油が有限であるものだと認識されるとともに、太陽熱発電は再度注目を受けることとなり、1981年8月6日に日本初の太陽熱発電が行われた事は、新たなエネルギー源の活用として大きな一歩だったといえるでしょう。

スポンサーリンク



宇宙の雑学

今回は「太陽熱発電の日」にちなんで「宇宙の雑学」を紹介します。

宇宙で生命が生まれる確率

宇宙はとにかくスケールが大きくていまだにその謎のほとんどが解明されていないですよね。
地球には人間を始めとして様々な生命が存在していますが、宇宙にも地球以外に生命が存在している星があると考えるとなんだかワクワクしてきますよね。

しかし、宇宙で生命が生まれる確率はそもそもどれぐらいだとされているかを知っていますか?
実は宇宙で生命が生まれる確率は「バラバラに分解した時計の部品を25mプールに入れて、プールの水をかき回して、水の流れだけで時計の部品が組み上がるのと同じ確率」とされているんです。

これは「ほぼ全くありえない確率」を表現する時に使われる例えであり、つまり宇宙に生命が存在することはあり得ないとされているんです。
なんとも夢のない話ですが、そもそも人間の頭脳で考えられた確率ですし、宇宙には人間の知識では遠く及ばない世界が広がっているため、宇宙に生命が存在しないとはいえないですよね。

宇宙の匂いはどんな匂い

皆さん、宇宙ってどんな匂いがするかは想像したことありますか?
そもそも宇宙空間に匂いなんて存在せず、無臭だと思っていませんでしたか?

しかし、宇宙にも匂いがあるようです。
もちろん直接宇宙の匂いを嗅ぐことは不可能ですが、宇宙空間に出た後の宇宙服には匂いが染みついているのです。

それは、「ラズベリーの匂い」だったり「甘い金属の匂い」だったり「焼けたステーキのような匂い」だったり。
これらはNASAの宇宙飛行士の証言のようですが、だいたいが何とも表現し難い匂いのようです。

NASAではこの宇宙の匂いを地球上でも再現しようと研究を進めているようです。
未知なことが多い宇宙ですが、これにより、また一つ宇宙の解明に繋がるかもしれませんね。

以上が宇宙の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月6日)
広島平和記念日
ハムの日
太陽熱発電の日

■明日は何の日?(8月7日)
立秋
鼻の日
バナナの日

■昨日は何の日?(8月5日)
タクシーの日
はんこの日
箱の日

スポンサーリンク



フォローする