【2018年】8月7日は立秋、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

立秋今日は何の日
8月7日の「今日は何の日?」は「立秋」です。
また「立秋」にちなんで「食欲の秋と呼ばれる理由」「松茸は日本人しか食べない」など秋にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

8月7日は立秋

今回は「立秋」について解説していきます!
「立秋」とは二十四節気の一つとなります。

「二十四節気」についてはあまり耳馴染みのないものかもしれませんが、四季のように季節を表現するものと思っていただければわかりやすいかと思います。
四季が春夏秋冬のように四つの季節に分かれているように、二十四節気も一年を二十四に分けて更に細かく季節を表現するものとなります。

「立秋」以外にも二十四節気として有名なものは「春分」「秋分」「夏至」「冬至」などがあげられますね。
また、季節を表す歴日には二十四節気以外にも「五節句」や「雑節」などもあります。

「立秋」については秋の訪れを感じ始めるという意味で使われる言葉ですが、まだまだ真夏日や日によっては猛暑日となり暑い日が続きます。
二十四節気自体が日本で生まれたものではなく、中国から伝わったものであることから、中国ではこの時期から徐々に涼しくなるのかもしれません。

また、二十四節気というものが日本に浸透したばかりの頃は、今よりも気候が涼しく、この時期には少しずつ涼しくなっていったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

秋の雑学

今回は「立秋」にちなんで「秋の雑学」を紹介します。

食欲の秋と呼ばれる理由

秋になってくると何かと「~~~の秋」といったフレーズを耳にしますよね。
その中でも秋には様々な美味しいものが味わえることから「食欲の秋」とされています。

実際に美味しいものがたくさん食べられるからついつい食べ過ぎてしまうということはあるのですが、実は秋には自然と食欲が上がってしまうって知っていましたか?
夏に比べると秋の方が日照時間が短くなるのですが、この日照時間が食欲に関係しているそうです。

食欲の調整に深く関係のある「セロトニン」という物質ですが、日光を浴びた時間によって分泌量が変わってきます。
秋になると日照時間が短くなって日光を浴びる時間が短くなるため「セロトニン」の分泌量が夏に比べて減ってしまうのです。

「セロトニン」は日光を浴びる以外にも、肉類や糖分、乳製品などを摂取することによって分泌量を増やすことができます。
実は「セロトニン」は精神の安定を保つためにも重要な物質であり、秋になると日照時間が短くなった代わりに、食べることによってセロトニンを分泌させ、精神を安定させようとしていると考えられています。

「食欲の秋」は美味しいものが食べられるという理由以外にも、このようにちゃんとした理由があったんですね。

松茸は日本人しか食べない

日本の秋の味覚の代表といえば「松茸」ですよね。
筆者は「松茸」をまともに食べたことがなく、そもそも永谷園のお吸い物ぐらいでしか「松茸」を拝んだことがありませんが、日本国内で収穫された松茸はとても高級なもので、香りもたまらないそうですよね。

これだけ日本人が高級なものとして食べているのですから世界でも人気なのかというと、実は松茸は外国人にとってはかなり嫌われているキノコなんです。
日本人にとってあの香りは良い香りだとされていますが、外国では「靴を履き続けた時の足の臭い」や「しばらく風呂に入っていない人の臭い」と思われています。

同じ人間なのに食文化が違うだけでこうも反応が変わってくるとはなかなか面白いですよね。
以上が秋の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月7日)
立秋
鼻の日
バナナの日

■明日は何の日?(8月8日)
ソロバンの日
親孝行の日
笑いの日

■昨日は何の日?(8月6日)
広島平和記念日
ハムの日
太陽熱発電の日

スポンサーリンク

フォローする