8月9日は長崎原爆忌、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

長崎原爆忌今日は何の日
8月9日の「今日は何の日?」は「長崎原爆忌」です。

スポンサーリンク



8月9日は長崎原爆忌

今回は「長崎原爆忌」について解説していきます!
なぜ8月9日が「長崎原爆忌」なのかというと、1945年8月9日午前11時ごろ、米軍のB29爆撃機「ボックスカー」がプルトニウム原爆「ファットマン」を投下したことが由来となっています。

長崎市松山町の500m上空で爆発した結果、約7万4千人の市民が死亡して約7万5千人が重軽傷を負うこととなりました。
長崎県ではこの日を「ながさき平和の日」として、原子爆弾により犠牲となった多くの人々の霊を慰め、世界平和を祈る日としています。

広島も長崎も多大な犠牲者を出すこととなりましたが、実は原子爆弾の威力自体は長崎に投下されたものの方が強かったそうです。
なぜ結果的に広島よりも長崎の方が犠牲者が少なかったのかというと、長崎市が山に囲まれた地形であり、山によって原子爆弾の熱線や爆風が遮断されたためだとされています。

広島にも長崎に投下された原子爆弾と同様のものが投下された場合、さらに甚大な被害が出ていたとされています。
こうした記念日が制定されている事によって、戦争の悲惨さなどを再認識させられますし、もう二度と過ちを繰り返してはならないという気持ちになりますよね。

スポンサーリンク



長崎の雑学

今回は「長崎原爆忌」にちなんで「長崎の雑学」を紹介します。

カステラは和菓子?洋菓子?

皆さんはカステラの事を「和菓子」と「洋菓子」どちらだと思っていますか?
カステラはふわふわしていてスポンジケーキのような見た目と食感であることから「洋菓子」だと思われがちですが、実は「和菓子」に分類されているんです。

しかし、日本にカステラがもたらされたのは戦国時代のことであり、ポルトガルから輸入されて広まったことを考えれば南蛮料理なので「和菓子」では無さそうな気がしますよね。
実は日本に伝わったばかりのカステラは現在のカステラとは違って、サックリとした食感の焼き菓子だったとされています。

もともとまんじゅうや大福などを好んでいた日本人の口には合わず、和菓子のようにしっとりとした食感を追及してはちみつや水あめが加えられるようになり、改良された結果として現在のカステラとなったのです。
そもそも「カステラ」という名前も、ポルトガル人から「ポルトガルのカステラという地域のお菓子です。」と伝えられたものであり、日本の現在のカステラと、ポルトガルのカステラという地域のお菓子では全く別のお菓子といっていいでしょう。

トルコライスの謎

長崎の名物には「トルコライス」という食べ物もありますよね。
トルコライスを食べた事のない人のために補足しておくと、トルコライスはドライカレーやピラフの上にとんかつやナポリタン、ハンバーグ、海老フライ、サラダといった具材を大きな皿に一つにのせた料理となります。

「トルコ」という国名が入っているから「トルコ料理ではないか?」と思われがちですが、使われている材料のほとんどがトルコっぽくなくて本当に不思議ですよね。
実はトルコライスの名前については由来がはっきりしておらず、諸説あるようです。

その中でも有力だとされている説が、ピラフが中国料理であること、そしてパスタがイタリア料理であることから、その中間あたりに位置する国である「トルコ」という国名が採用されたという説です。
また、初めてトルコライスを提供したお店が「トリコロール」という名前であったことが由来だったという説も存在しています。

以上が長崎の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月9日)
長崎原爆忌
ハグの日
野球の日

■明日は何の日?(8月10日)
帽子の日
焼き鳥の日
道の日

■昨日は何の日?(8月8日)
ソロバンの日
親孝行の日
笑いの日

スポンサーリンク



フォローする