8月10日は焼き鳥の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

焼き鳥の日今日は何の日
8月10日の「今日は何の日?」は「焼き鳥の日」です。

スポンサーリンク



8月10日は焼き鳥の日

今回は「焼き鳥の日」について解説していきます!
なぜ8月10日が「焼き鳥の日」なのかというと、8月10日という日付が「や(8)きと(10)り」という語呂合わせであることが由来となっています。

「焼き鳥の日」については焼き鳥を一般大衆に広め「焼き鳥の父」と呼ばれる根本忠雄が創業した株式会社鮒忠によって2007(平成19)年に制定された記念日となります。
また、全国やきとり連絡協議会についても「焼き鳥の日」を提唱し実施しています。

株式会社鮒忠によるとこの日を「子どもから大人まで幅広く愛されている日本の食文化のひとつ「焼き鳥」をさらにPRする」という日にしています。
焼き鳥はお祭りの屋台などでも食べたくなりますし、バーベキューをしている時や、飲み会などの宴会の時にも大活躍する食べ物ですよね。

大抵の食べ物には好き嫌いがあるかと思いますが、焼き鳥の場合は様々な部位から選んで食べることが出来て、タレや塩などの味も楽しめることから嫌いだという人が見た事がない気がします。
この時期にはビアガーデンなどもにぎわっていますし、お酒を飲みながらみんなで楽しく焼き鳥を食べるのがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク



焼き鳥の雑学

今回は「焼き鳥の日」にちなんで「焼き鳥の雑学」を紹介します。

焼き鳥は串からはずさない方が美味しい

一時期、SNSで焼き鳥屋の店員が「焼き鳥を串からはずさないでほしい」という趣旨の書き込みをして話題を呼びましたよね。
焼き鳥を串に刺したまま食べたい人もいれば、串からはずして食べやすくして皆でシェアして食べたい人もいるなど賛否両論がありました。

しかし、実は焼き鳥は串からはずさないで食べた方が美味しいのです。
それは、串から肉をはずした時に空いた穴から肉汁が漏れてしまい、せっかくの鶏のうま味が逃げてしまうからなんですね。

また、お腹が空いている時には味が薄いよりも濃い方が美味しく感じるということから、一口目の肉の味付けを濃くしたり、また一口目に食べ応えを出すために一口目の肉のサイズを大きくするという工夫をしているお店もあるそうです。
このように、焼き鳥を美味しくするために工夫をしているのに串からはずして食べてしまうとせっかくの美味しい焼き鳥が台無しですし、頑張って仕込みをした人もちょっと残念な気持ちになりますよね。

ねぎまの有無でいい店かわかる

焼き鳥屋が良い店なのかそうじゃないのか、それを見分けるちょっとしたテクニックがあるんです。
それは「ねぎまが提供されているか否か」で見分けることができるそうです。

なぜねぎまが提供されているとその店が良い焼き鳥やだといえるのかというと、他の焼き鳥と違ってねぎまはネギが使われていますよね。
ネギが野菜であることから冷凍するわけにはいかず、ねぎまは冷凍されたものを仕入れることは出来ずにちゃんと自分で仕込まなきゃいけないとのことです。

ねぎまだけを仕入れてそれ以外を冷凍で仕入れるという面倒なことをする人もいないですよね。
そのため、ねぎまがちゃんと提供されている焼き鳥屋はそれ以外の串についてもお肉を自分で仕入れて仕込みを行っているこだわりの店である確率が高いという情報でした。

以上が焼き鳥の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月10日)
帽子の日
焼き鳥の日
道の日

■明日は何の日?(8月11日)
山の日
ガンバレの日
マッシュルームの日

■昨日は何の日?(8月9日)
長崎原爆忌
ハグの日
野球の日

スポンサーリンク



フォローする