8月12日は君が代の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

君が代の日今日は何の日
8月12日の「今日は何の日?」は「君が代の日」です。
また「君が代の日」にちなんで「君が代の歌詞は2番まである」「君が代の元の歌はラブレター」など君が代にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



8月12日は君が代の日

今回は「君が代の日」について解説していきます!
なぜ8月12日が「君が代の日」なのかというと、1893年8月12日に文部省が訓令「小学校儀式唱歌用歌詞並楽譜」を布告し、小学校の祝日・大祭日の唱歌に『君が代』『一月一日』『紀元節』等8曲が定められたことが由来となっています。

君が代自体は古くから歌われていたものであり、日本の大事な式典から学校行事、スポーツなどの試合前には必ず歌われている君が代ですが、実は正式に国家と認められたのはつい最近のことなのです。
君が代が正式に国家として認められたのは1999(平成11)年のことで、「国旗国歌法」によって初めて国家として認められることとなりました。

「国旗国歌法」と言われてもあまり馴染みのない法律かもしれませんが、とても短い法律であり、第一条と第二条までしかありません。
その名前のとおり、第一条は日本の国旗を日章旗と定める法律であり、第二条は国家を君が代と定めるという内容の法律となっています。

しかし、実質国歌斉唱が義務付けられたとして、この法律の反対派からは「日本国憲法第19条が定める思想・良心の自由に反する」といった主張がされて社会問題にまで発展することとなりました。

スポンサーリンク



君が代の雑学

今回は「君が代の日」にちなんで「君が代の雑学」を紹介します。

君が代の歌詞は2番まである

皆さんも当然「君が代」の歌詞は知っていて歌えますよね?
しかし、実は「君が代」にはあまり知られていない2番の歌詞が存在しているのです。

「君が代」の2番が実際に掲載されているものは、文部省(現在の文部科学省)によって1881年に編集・発行された「小学唱歌集初編」という歌集となります。
「小学唱歌集初編」に掲載されている君が代の歌詞は以下のようになります。

1番
君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで うごきなく常盤かきはにかぎりもあらじ

2番
君が代は千尋の底のさざれ石の鵜のゐる磯とあらはるゝまで かぎりなき御世の栄をほぎたてまつる

このように2番の歌詞が存在していることがわかりますね。
更に言うと、国歌斉唱で歌われている「君が代」についても1番の前半部分だけであって、実はあまり知られていない後半も存在しているのでした。

君が代の元の歌はラブレター

君が代はそもそも元々はラブレターを題材にしているという説があるのを知っていますか?
そもそも「君が代」は古今和歌集に収録されていた短歌のうちの1つとなるため、君が代が誕生したのは1000年も前のことなんですね。

時代の流れによって「君が代」は意味を変えてきましたが、もともとは女性が男性に送ったラブレターのような内容になっているそうです。
現在は「君が代」となっていますが、古今和歌集では「君が代」ではなく「我君は」となっていて、「我君」は女性が男性を敬って呼ぶ時の言い方なんですね

ラブレターの内容は簡単にいえば「あなたを思う気持ちは時代を超えて千年、万年経っても変わりませんよ」といった内容となるそうです。
以上が君が代の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月12日)
太平洋横断記念日
君が代の日
ハイジの日

■明日は何の日?(8月13日)
函館夜景の日
左利きの日
怪談の日

■昨日は何の日?(8月11日)
山の日
ガンバレの日
マッシュルームの日

スポンサーリンク



フォローする