8月15日は刺身の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

刺し身の日今日は何の日
8月15日の「今日は何の日?」は「刺身の日」です。

スポンサーリンク



8月15日は刺身の日

今回は「刺身の日」について解説していきます!
なぜ8月15日が「刺身の日」なのかというと、1448(文安5)年に刺身が初めて文書に登場したことが由来となっています。

刺身という食べ物が初めて登場した文書は室町時代後期の書記官・中原康冨によって書かれた日記でした。
1448(文安5)年8月15日の日記によると「鯛なら鯛とわかるやうにその魚のひれを刺しておくので刺し身、つまり「さしみなます」の名の起り」とされています。

これが初めて文書に登場する刺身に関する記録だとされています。
日本は古来よりも肉食の文化ではなく魚を中心とした食文化だったので、生の魚が食べられるようになったのが室町時代に入ってからだとは結構意外ですよね。

文書としては登場していないだけで当時の漁師などは普通に魚を焼かずに食べていたんですかね。
魚を捌いて刺身にするのにはそれなりの技術がいるため、そもそも「刺し身」という料理がまだ存在していなかった以上、現在のように魚を生魚を捌いて身を奇麗に切り分けるといった発想自体がなかなか生まれなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク



刺身の雑学

今回は「刺し身の日」にちなんで「刺身の雑学」を紹介します。

刺身という言葉の由来

刺身という言葉を当たり前のように使っていますが、よくよく考えると刺身という料理名は不思議だと思いませんか?
刺身は刺して調理されるものではなく、切って調理されるものなのになぜか料理名は「刺身」であり、普通は「切身」という料理名になりそうですよね。

これは刺身が誕生したころにはまだ武家社会だったことが影響しています。
魚を捌く際には腹を切って調理しますが、「切腹」がまだ存在していた武家社会では腹を捌いて切って作られた「切身」なんて料理名があったら相当縁起が悪いですよね。

そのため、「切身」ではない別の言葉が採用されて「刺身」となったのでした。
また「刺身」の事を「お造り」と呼ぶこともありますが、これは地域による差であり、関西地方では「切身」が切腹と同じ理由で縁起が悪いことから「お造り」という言葉が誕生して使われるようになったのでした。

うなぎの刺身を見かけない理由

刺身には様々な種類があって、日本人の食文化には欠かせないものですよね。
しかし、うなぎの刺身って全然見かけないのはどうしてなのでしょう。

実はうなぎの血液にはイクチオヘモトキシンという毒が含まれているのです。
この毒は人間の体内に入ると、呼吸困難が起きたりしてしまいます。

ただし、60℃以上で5分加熱すると毒がなくなる為、蒲焼など熱処理された料理は安心して食べることができるのです。
また、生食だと絶対に食べられないという事でもなく、うなぎの血を綺麗に洗い流すことの出来る技術を持った人が調理をすれば刺身でも食べることが出来ます。

このような技術を持った料理人がいるお店はなかなか少ないと思うので、うなぎの刺身を出しているお店をみかけたら一度行ってみてはいかがでしょうか?

以上が刺身の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月15日)
終戦記念日
刺身の日

■明日は何の日?(8月16日)
女子大生の日

■昨日は何の日?(8月14日)
専売特許の日
裸足の記念日

スポンサーリンク



フォローする