8月17日はプロ野球ナイター記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

プロ野球ナイター記念日今日は何の日
8月17日の「今日は何の日?」は「プロ野球ナイター記念日」です。
また「プロ野球ナイター記念日」にちなんで「バックスクリーンに観客がいない理由」「野球用語の語源」など野球にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



8月17日はプロ野球ナイター記念日

今回は「プロ野球ナイター記念日」について解説していきます!
なぜ8月17日が「プロ野球ナイター記念日」なのかというと、1948年8月17日に横浜ゲーリッグ球場で日本初のプロ野球ナイター試合が開催されたことが由来となっています。

この日の対戦カードは巨人対中部(現在の中日)戦となっており、そもそも「ナイター」という言葉がそれまで存在しなかったため、「ナイター」という言葉が初めて使われたのもこの日となります。
現在は土日や祝日などの休日を除き、プロ野球といえばナイターで行われるのが当たり前になっていますよね。

しかし、昔はナイターの設備が整っている球場は少なく、プロ野球というものが始まった1930年代はデイゲームで試合が行われるのが当たり前となっていました。
また、野球に関する記念日はとても多く、プロ野球ナイター記念日以外にも2月5日に「プロ野球の日」、6月19日に「ベースボール記念日」、8月9日に「野球の日」、8月18日に「高校野球の日」、12月26日に「プロ野球誕生の日」などがあります。

国際試合などでも熱狂的な盛り上がりを見せますし、どれだけ日本で野球というものが愛されているかがわかりますね。

スポンサーリンク



野球の雑学

今回は「プロ野球ナイター記念日」にちなんで「野球の雑学」を紹介します。

バックスクリーンに観客がいない理由

プロ野球の試合を見ていてどれだけ観客が入っていて満員だったとしても、なぜかバックスクリーン方向の座席だけは空席になっているのを見て不思議に思ったことはありませんか?
日本シリーズなど人気の高い試合では席が全て埋まってしまうこともあるため、バックスクリーンも解放してもっとたくさんの人が観戦できるようにしてほしいですよね。

しかし、これにも理由があって、実はバックスクリーンに観客がいると野球のプレイに影響が出てしまうためなんです。
バッターが打席に入ってピッチャー方向を向いた場合に、バックスクリーンはピッチャーの延長線上にあるため、そこに観客がいるとピッチャーの投げた球が見えづらくなってしまうのです。

これは審判にもいえることで高速で動く球をジャッジしなければいけない審判にとっても、バックスクリーンに観客がいるとジャッジがしづらくなってしまうのです。
そのため、野球の試合以外では通常の座席として使用することもありますが、野球の試合に限ってはバックスクリーンに観客が座れないようにしているのでした。

野球用語の語源

野球には専門用語がたくさんありますよね。
今回はその野球の専門用語である「ブルペン」と「スラッガー」について解説します。

まず「ブルペン」についてですが、英語で書くと「bullpen」となります。
これを日本語訳すると「雄牛の囲い場」という意味になり、ブルペンで肩を作ってマウンドに出ていくピッチャーの姿が、闘牛場に向かっていく闘牛のように見えたことから「ブルペン」となったとされています。

また「スラッガー」についてですが、強打者に対してスラッガーという言葉を使いますよね。
もともとは英語で「slug(スラッグ)」は「強く叩く」という意味になり、強打者がボールを強く叩いて遠くへと弾き飛ばすことから「スラッガー」という言葉が誕生したとされています。

以上が野球の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月17日)
パイナップルの日
プロ野球ナイター記念日

■明日は何の日?(8月18日)
高校野球記念日
米の日
ビーフンの日

■昨日は何の日?(8月16日)
女子大生の日

スポンサーリンク



フォローする