8月18日は米の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

米の日今日は何の日
8月18日の「今日は何の日?」は「米の日」です。
また「米の日」にちなんで「無洗米の方が栄養がある」「いつまで新米と呼ばれるのか」など米にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



8月18日は米の日

今回は「米の日」について解説していきます!
なぜ8月18日が「米の日」なのかというと、「米」の字を分解すると「八十八」、つまり8月18日という日付になることが由来となっています。

「米の日」については岩手県農政部農産物流通課によって1998年に制定された記念日となります。
実は「米の日」についてはいくつかの説があり、8月8日に「米の日」としている説や、毎月8日を「米の日」とする説、8の付く日すべてを「米の日」とする説など様々です。

なぜここまで「8」という数字が米に関係しているのかというと、8月18日の米の日もそうですが、米という漢字を分解すると「八十八」となること、そして米は田植えをしてから収穫するまでに88の作業をしなければならないということが由来となっています。
米の収穫は8月~10月にかけて行われるので、これから収穫されて販売される米の販促も兼ねて記念日を制定しているという背景もありそうですよね。

「米」は日本人の食卓には絶対に欠かせないものなので、「米の日」には米の味をしっかりと噛みしめて、有り難味をもって米を食べてみてくださいね。

スポンサーリンク



米の雑学

今回は「米の日」にちなんで「米の雑学」を紹介します。

無洗米の方が栄養がある

無洗米といえば洗う手間がないため凄く楽ですよね。
特に冬場は水がとても冷たいため、米を研ぐのに手が冷たくて非常につらい思いをするため重宝します。

そんな無洗米についてですが、実は米を研がなくても済む以外にも意外なメリットがあるんです。
それは無洗米の方が栄養素を保ったまま米を炊くことができるというメリットです。

実は米を研いでいる際には必要な栄養素まで研ぎ汁と一緒に流れ出てしまうことがあり、せっかく栄養満点な米なのに非常にもったいないことをしているんですね。
研ぎ汁が出ない分、無洗米の方が手間もかからずに栄養をたくさん取れるため、もしも無洗米が安く売られていたならば無洗米を買って食べた方がお得なんです。

なんとなく無洗米に抵抗のある人もいるかもしれませんが、ぜひ今度は無洗米も試してみてくださいね。

いつまで新米と呼ばれるのか

皆さんは毎年新米の時期になると新米を買って食べていますか?
新米はツヤがあってもちもちしていてとても美味しいですよね。

しかし、「新米」といってもいつまでに収穫されて精米されたものを「新米」というか知っていますか?
野菜でいうと収穫したばかりのものを想像するかもしれませんが、お米に関しては「新米」と呼ばれる次期は結構長いんです。

実はJAS法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」によると、「新米」については収穫した年の12月31日までに精米されたお米に対して使われる言葉だとされています。
そのため、例えば収穫されて精米された時期が6月だったとしても、年末までは「新米」と呼ばれるわけですね。

以上が米の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月18日)
高校野球記念日
米の日
ビーフンの日

■明日は何の日?(8月19日)
バイクの日
俳句の日

■昨日は何の日?(8月17日)
パイナップルの日
プロ野球ナイター記念日

スポンサーリンク



フォローする