8月18日はビーフンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ビーフンの日今日は何の日
8月18日の「今日は何の日?」は「ビーフンの日」です。

スポンサーリンク



8月18日はビーフンの日

今回は「ビーフンの日」について解説していきます!
なぜ8月18日が「ビーフンの日」なのかというと、ビーフン(米粉)はその名の通り米の粉から出来た麺であり、「米」の字を分解すると「八十八」になることが由来となっています。

「ビーフンの日」についてはビーフン協会によって制定された記念日となります。
ビーフン協会によるとこの日を「ビーフンの持つ栄養価や食感の良さをアピールする日」としており、大切なお米に感謝の気持ちを込めるということも目的としているそうです。

ビーフンの発祥は日本ではなく、実は中国南部の福建省周辺で誕生した食べ物だとされています。
ビーフンは中国や日本だけではなく、アジアの国々で愛されている食材なんです。

日本ではスーパーなどで乾燥したビーフンを買うことが出来て、簡単に味付け出来て調理の手間もかからないことから主婦の方でも普段からビーフンを作るという人は多いのではないでしょうか。
ビーフンには色々な食べ方が存在していますが、日本ではインスタントのビーフンが主流となっていて、焼きビーフンとして食べるのが一般的な食べ方ですよね。

スポンサーリンク



ビーフンの雑学

今回は「ビーフンの日」にちなんで「ビーフンの雑学」を紹介します。

ビーフンと春雨の違い

ビーフンによく似た食べ物に春雨というものがありますよね。
ビーフンにしても春雨にしてもどちらも細い麺であって違いがわからないという人もいるのではないでしょうか。

実は春雨とビーフンでは原料が違うんです。
まずは春雨についてですが、春雨はでんぷんを原料にして作られている麺であって、でんぷんは「ジャガイモ」や「サツマイモ」などの芋類のものを使ったり、もやしの原料の緑豆のものが使われていたりします。

続いてビーフンについては、今回の「ビーフンの日」で紹介したとおり「うるち米」の米粉を原料として作られた細い麺となります。
どちらもスープにいれたり炒め物にしたり非常に調理方法と味付けが似ているために、春雨を中国語にしたものがビーフンだと勘違いしている人も多いんですよね。

ビーフンは地域によって食べ方が違う

日本の家庭ではビーフンは焼きビーフンが一般的な食べ方ですよね。
ビーフンは日本以外のアジア各国で広く食べられていて、アジアの中だけでも国によって食べ方が異なるものなんです。

例えばベトナムでは豚足やカモ肉、または牛肉のスープにビーフンをいれて、具材は揚げた魚や網焼きした豚肉の他にも、香草・野菜、タケノコなどの山菜などをのせて食べます。
焼くというよりはスープ料理として食べられていて、他にも米の皮で包む春巻きの材料としてもビーフンは欠かせないものとなっています。

また、ミャンマーでは焼ビーフンやスープビーフンといった食べ方以外にも、サラダにのせるミャンマー風ビーフンサラダにして食べたりします。
シンガポールでも変わった味付けのビーフンが存在しており、「星洲炒米粉」というカレー味のビーフンが食べられるそうです。

どの国のビーフンの食べ方もとても美味しそうで、家庭でも簡単に試せそうですよね。
以上がビーフンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月18日)
高校野球記念日
米の日
ビーフンの日

■明日は何の日?(8月19日)
バイクの日
俳句の日

■昨日は何の日?(8月17日)
パイナップルの日
プロ野球ナイター記念日

スポンサーリンク



フォローする