8月20日は蚊の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

蚊の日今日は何の日
8月20日の「今日は何の日?」は「蚊の日」です。

スポンサーリンク



8月20日は蚊の日

今回は「蚊の日」について解説していきます!
なぜ8月20日が「蚊の日」なのかというと、1897年8月20日にイギリスの細菌学者ロナルド・ロスが、羽斑蚊類の蚊の胃の中からマラリアの原虫を発見したことが由来となっています。

ロナルド・ロスはこの研究の成果が評価されて1902(明治35)年にノーベル生理学・医学賞を受賞し、1911(明治44)年にはイギリスのナイトの称号を叙勲されました。
マラリアは寄生虫によって起こる命に関わる重大な病気であったため、この発見はマラリアによる犠牲者を少しでも減らす大きな一歩となりました。

マラリアの原虫が発見されて以来100年以上経過していますが、現在でもマラリアを完全に撲滅することは難しく、主にアフリカを中心として年間数十万人の方が亡くなることもあるそうです。
また、日本人も太平洋戦争では南方戦線でマラリアによって甚大な被害を受けることになりました。

南方戦線ではジャングルに滞在することが多く、虫を媒介として日本兵へと感染しマラリア患者が続出することとなりました。
マラリアが原因となってガダルカナル島の戦いでは1万5000人、インパール作戦では4万人、ルソン島の戦いでは5万人以上の犠牲者を出すこととなりました。

スポンサーリンク



蚊の雑学

今回は「蚊の日」にちなんで「蚊の雑学」を紹介します。

蚊が血を吸うのは4~5日に一度

誰もが蚊に刺された経験があるかと思いますが、夏場にキャンプをしたり花火大会に行ったりするなど外に長時間いると、一気に何か所も刺されたりしますよね。
たまに既に蚊に刺されて腫れている場所を刺されて、更に腫れあがってしまうなんてこともあって、一体どれだけ吸血すれば気が済むんだよ!って感じですよね。

しかし、実は何か所も刺されてしまうのは同じ蚊の仕業ではないんです。
なぜなら、蚊が吸血をするのは4~5日に1回程度で充分だからなんですね。

蚊にとっては一度で充分な量の血を補給できれば栄養源となりしばらくは吸血の必要がなくなりますが、吸血している最中に人間が動いたりして中途半端にしか吸えなかった場合だけ、何度も同じ人間を可能性があります。

血を吸うのはメスの蚊だけ

ここまで「蚊」について解説してきましたが、そもそも「蚊」という生き物は生き物の血を吸って生きている虫だと思われていますが、実は違うんです。
しかも実は血を吸うのは「メスの蚊だけ」であり、オスは別に血を吸う必要がないんですね。

なぜメスだけが血を吸うのかというと、産卵のために高い栄養を求めているからなんです。
つまりオスはそもそも産卵をしないので血を吸う必要が無く、メスについても血を吸うのは産卵期だけなんですね。

それでは血を吸う以外にどのような方法で食事をしているのかというと、植物の蜜を吸っていたり、樹液などを吸って生活しているのです。
「蚊=吸血」というイメージが完全に定着していますが、意外にも血を吸うのは本当に必要な時だけなんです。

以上が蚊の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月20日)
蚊の日
交通信号設置記念日

■明日は何の日?(8月21日)
噴水の日
献血記念日

■昨日は何の日?(8月19日)
バイクの日
俳句の日

スポンサーリンク



フォローする