8月21日は噴水の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

噴水の日今日は何の日
8月21日の「今日は何の日?」は「噴水の日」です。
また「噴水の日」にちなんで「トレヴィの泉にお金を投げる理由」「噴水に入っているお金は誰のもの?」など噴水にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



8月21日は噴水の日

今回は「噴水の日」について解説していきます!
なぜ8月21日が「噴水の日」なのかというと、1877年8月21日に日本初の西洋式の噴水が作られたことが由来となっています。

この日には東京・上野公園で第1回内国勧業博覧会が開催されていて、実際に日本初の噴水が落成したのは9月8日のことでした。
この博覧会に関しては1873年に行われたウィーン万国博覧会を参考にして行われたものであり、大久保利通の主導によって開催されたものとなります。

当時の日本は西欧の列強に追いつくべく「殖産興業」というスローガンが掲げられており、噴水は欧米諸国から持ち込んだ技術と日本の技術の交流場でもあり、象徴ともされていました。
第一回内国勧業博覧会は約10万平方メートルにも渡って会場が設けられていて、噴水の他にも美術本館、農業館、機械館、園芸館、動物館が建てられ、寛永寺旧本坊の表門の上には大時計が掲げられたそうです。

更に上野東照宮前から公園にかけて数千個の提灯が掲げられるなどとても大規模な博覧会でした。
しかし、西南戦争やコレラの流行に影響を受けてしまった結果、入場者数は大久保利通の予想を下回ってしまったそうです。

スポンサーリンク



噴水の雑学

今回は「噴水の日」にちなんで「噴水の雑学」を紹介します。

トレヴィの泉にお金を投げる理由

トレヴィの泉といえばイタリアの観光名所であり、トレヴィの泉に向かって観光客がお金を投げるのは有名ですよね。
このトレヴィの泉でお金を投げ込むという行為が元となって、日本でも噴水に向かってお金を投げるという文化が広まっています。

そもそもどうしてトレヴィの泉にお金を投げるといった文化があるかを知っていますか?
実はトレヴィの泉には、後ろ向きになり泉に向ってお金を投げ入れると、もう一度ローマを訪れることが出来るという言い伝えがあるからなんですね。

この言い伝えから観光客はもう一度ローマに来ることを願ってトレヴィの泉に向かってお金を投げ入れているのです。
日本には神社のお賽銭など願いを込めてお金を入れる風習が既に存在しているため、噴水に願いを込めてお金を投げ入れる風習も違和感なく広まっていったのでしょうね。

噴水に入っているお金は誰のもの?

トレヴィの泉の風習が元となって現在ではいたる場所の噴水にお金が投げ込まれるようになりましたよね。
しかし、噴水に投げ入れられて沈んでいる噴水は誰のものになるのでしょうか。

もちろん噴水に沈んでいるものだからといって拾ってしまえば窃盗になるため注意が必要です。
実は噴水に投げ入れられたお金はその噴水が設置されている施設の管理者のものとなります。

神社にあるお賽銭に投げ入れられたお金が神社のものになるのと同じということですね。
しかし、噴水の場合はずっと水を流し続けなければならないため管理するのにもお金がかかってしまいますし「投げ込まれたお金=利益、」とはならないようです。

以上が噴水の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月21日)
噴水の日
献血記念日

■明日は何の日?(8月22日)
金シャチの日

■昨日は何の日?(8月20日)
蚊の日
交通信号設置記念日

スポンサーリンク



フォローする