ドレッシングの日の由来と面白い雑学、8月24日の今日は何の日?

ドレッシングの日今日は何の日
8月24日の「今日は何の日?」は「ドレッシングの日」です。
また「ドレッシングの日」にちなんで「コールスローサラダの名前の由来」「美味しいトマトの見分け方とは?」など野菜にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

8月24日はドレッシングの日

今回は「ドレッシングの日」について解説していきます!
なぜ8月24日が「ドレッシングの日」なのかというと「やさい」を数字にすると「831」となり、それを掛け算すると「8×3×1=24」となることが由来となっています。

掛け算する理由についてはドレッシングは野菜にかけて使うことが多いからとなっています。
カレンダーを見てみても「野菜の日」である「8月31日」の上に「8月24日」がくることから、野菜にドレッシングをかけているようにも見えるそうです。

この「ドレレッシングの日」については、マヨネーズやドレッシングの製造・販売を行っているケンコーマヨネーズ株式会社によって制定された記念日となります。
夏に暑い日が続いて食欲が減退しがちな時期に、ドレッシングをかけたサラダを食べて健康になってもらうことが目的となっています。

ドレッシングといっても本当に色々な種類のものがあって、色々な味のサラダが楽しめて飽きないですよね。
8月24日のドレッシングの日を機会にして、普段はあまり使わない、新しいドレッシングを買ってみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

野菜の雑学

今回は「ドレッシングの日」にちなんで「コールスローサラダの名前の由来」「美味しいトマトの見分け方とは?」など野菜にまつわる面白い雑学を紹介します。

コールスローサラダの名前の由来

サラダの中でも「コールスローサラダ」というサラダを目にしたことはありませんか?
コールスローサラダとはキャベツを細かく刻みフレンチドレッシングやマヨネーズで味をつけたサラダのことですね。

実はこのコールスローサラダの歴史はとても古く、古代ローマ時代から食べられていたとされています。
コールスローサラダの由来となった言語はオランダ語であり、18世紀ごろからオランダ語ではキャベツサラダのことを「koolsarade」と呼んでいました。

そして「koolsalade」のことを省略して「kooksla(コールスラ)」と呼ぶようになり、これがコールスローサラダという言葉の原型となりました。
英語では最初は「cold slaw」と勘違いされていましたが、後にキャベツの意味を持つ「cole」という単語が使われるようになり、「coleslaw(コールスロー)」となったのです。

美味しいトマトの見分け方とは?

一般的に青い状態のトマトよりもしっかりと赤く熟れたトマトが美味しいことは有名ですよね。
しかし、赤く熟れたトマトの中でも更に美味しいトマトを見分ける方法があるのおです。

その方法はとても簡単でトマトを水に浮かべてみるという方法なんです。
熟れた赤いトマトの中でもより美味しいものについては水に浮かんでくるので、それで見分けることができます。

一般的に味がしっかりしていて美味しいトマトについては、糖度が高く酸味が含まれているものなんですね。
この二つが多く含まれているものについては味がしっかりと濃くて、水に入れた時に沈むようになっているんです。

以上が野菜の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月24日)
バニラヨーグルトの日
ラグビーの日
ドレッシングの日
削り節の日

■明日は何の日?(8月25日)
即席ラーメン記念日
東京国際空港開港記念日
サマークリスマス
歯茎の日

■昨日は何の日?(8月23日)
処暑
油の日
湖池屋ポテトチップスの日
不眠の日
乳酸菌の日