パワプロの日の由来と面白い雑学、8月26日の今日は何の日?

パワプロの日今日は何の日
8月26日の「今日は何の日?」は「パワプロの日」です。
また「パワプロの日」にちなんで「昔の野球は21点先取ルールだった」「バックスクリーンに客がいない理由」など野球にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

8月26日はパワプロの日

今回は「パワプロの日」について解説していきます!
なぜ8月26日が「パワプロの日」なのかというと、8月26日が「8(パワ)26(プロ)を8(パワ)26(フル)」に楽しんでもらうという語呂合わせが由来となっています。

「パワプロの日」については株式会社コナミデジタルエンタテインメントによって制定された記念日となります。
パワプロといえば今や知らない人がいないほどの人気野球ゲームタイトル「実況パワフルプロ野球」のことですよね。

1994年にパワプロが発売されて以降、2018年現在でも続編のタイトルが出ており、大人気の作品となっています。
なぜ「パワプロの日」を制定したのかというと、いまだに進化を続けているパワプロシリーズを、いつまでも多くのファンに楽しんでもらうことを目的としているそうです。

据え置きのゲーム機で新作が発売されているのはもちろんのこと、現在では気軽にスマホでも楽しめるようなタイトルがリリースされています。
これを機に昔パワプロで遊んでいた方や、もしくは全くパワプロをやったことが無いという人も、パワプロで遊んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

野球の雑学

今回は「パワプロの日」にちなんで「昔の野球は21点先取ルールだった」「バックスクリーンに客がいない理由」など野球にまつわる面白い雑学を紹介します。

昔の野球は21点先取ルールだった

現在は延長戦やコールドゲームなどを除けば、野球は9回までとルールで決まっていますよね。
しかし、野球が今のルールになる前までは、なんと現在の9イニング制ではなく21点先取ルールだったのです。

プロ野球などを見ていても9回まで試合を行うと3時間近くかかりますし、そもそも21点も入る試合なんてほとんどありえないですよね。
このことから21点先取ルールはかなりの時間がかかることが予想できますが、時間が掛かりすぎてその日で試合が終わらないなんてこともあったそうです。

その後、ルールの改変によって9イニング制が採用されることになりましたが、採用されたばかりのころは勝敗が決まっていても9回裏まで試合がりました。
そのため、サヨナラホームランやサヨナラヒットというものが存在していなかったようです。

バックスクリーンに客がいない理由

続いては野球の試合観戦において、バックスクリーンに観客を入れない理由についてです。
テレビなどでプロ野球を観戦している時、バックスクリーンに豪快なホームランが飛んでいくことがありますよね。

しかし、例えお客さんが満員だと発表されていたとしても、バックスクリーンだけはすっからかんになっています。
これはバッターがピッチャーが投げた球が見えづらくなってしまうことを防ぐというちゃんとした理由があるのです。

バッターボックスから見ると、バックスクリーンは直線状にあり、ピッチャーが投げ込んでくる球と観客が被って見づらくなってしまうのです。
観戦する際のユニフォームの色合いによって見やすさも違ってきますし、そうした事態を防ぐためのバックスクリーンにはお客さんがいないのです。

以上が野球の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月26日)
ユースホステルの日
バブルランの日
パワプロの日
プルーンの日
風呂の日

■明日は何の日?(8月27日)
「男はつらいよ」の日
ジェラートの日
ツナの日
仏壇の日
交番の日

■昨日は何の日?(8月25日)
即席ラーメン記念日
東京国際空港開港記念日
サマークリスマス
歯茎の日