8月27日はジェラートの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ジェラートの日今日は何の日
8月27日の「今日は何の日?」は「ジェラートの日」です。
また「ジェラートの日」にちなんで「ジェラートとアイスクリームの違い」「アイスクリームはデザートではなく薬だった」などアイスにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

2月24日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

8月27日はジェラートの日

今回は「ジェラートの日」について解説していきます!
なぜ8月27日が「ジェラートの日」なのかというと、映画「ローマの休日」がアメリカで公開されたのが1953年8月27日であることが由来となっています。

「ジェラートの日」については日本ジェラート協会によって制定された記念日となります。
日本ジェラート協会によると、この日は「ジェラートの魅力を伝えて、たくさんの人にジェラートの美味しさを感じてもらう」ということを目的とした記念日になっています。

ローマの休日の有名なシーンんの一つに、オードリー・ヘップバーンが演じるアン王女がスペイン階段でジェラートを美味しそうに食べるシーンがあります。
このシーンがきっかけとなってイタリアのジェラートは世界中の人へと広まっていき、今やイタリアの名物として確固たる地位を築きました。

現代では日本でも街中でジェラート専門店を見かけるようになりましたよね。
普段はあまりアイスなどの甘いものを食べないという人も、「ジェラートの日」をきっかけにしてぜひジェラートを味わってみてくださいね。

スポンサーリンク

アイスの雑学

今回は「ジェラートの日」にちなんで「アイスの雑学」を紹介します。

ジェラートとアイスクリームの違い

ジェラートとアイスクリームの違いについて説明しようとするとかなり難しいですが、それぞれにはどのような違いがあるのでしょうか。
日本ではアイスクリームは「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」によって、乳固形分15%以上でうち乳脂肪分が8%以上と定義されています。

実は乳脂肪分が8%未満であることが多いジェラートは、日本の規格ではアイスクリームには該当せず、ラクトアイスやアイスミルクなどの氷菓に分類されます。
乳脂肪分がアイスクリームに比べて少ないことから、ジェラートの方がよりさっぱりとした味わいとなっています。

また、ジェラートはアイスクリームに比べて空気の含有量が少ないことから、あのねばねばとしてなめらかな独特の食感を生み出しています。
日本の規格に当てはめるとジェラートは「氷菓」に分類されていますが、本場のイタリアではアイスクリームや氷菓も含めて凍ったお菓子全般を「ジェラート」と呼ぶそうです。

アイスクリームはデザートではなく薬だった

アイスクリームは現代では完全にデザートに分類されていますよね。
しかし、時代を遡ってみると実はアイスクリームはデザートではなく薬用に開発されたということがわかります。

もちろんアイスクリームが登場してすぐのころは、現在のように生クリームなどが入ったものではありませんでした。
昔は冷凍庫がなかったため、冬に手に入る氷や雪などに蜜や果汁をかけて食べるのがオーソドックスな食べ方でした。

現代でいうところのかき氷に近いもので、戦争で傷ついた兵士の疲れを回復させるための薬として食べられていました。
現在のようにデザートとして食べられるようになったのは16世紀に入ってからだとされています。

以上がアイスの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月27日)
「男はつらいよ」の日
ジェラートの日
ツナの日

■明日は何の日?(8月28日)
民法テレビスタートの日
テレビCMの日
にわとりの日

■昨日は何の日?(8月26日)
ユースホステルの日
バブルランの日
プルーンの日

スポンサーリンク

注目記事

フォローする