ベルばらの日の由来と面白い雑学、8月29日の今日は何の日?

ベルばらの日今日は何の日
8月29日の「今日は何の日?」は「ベルばらの日」です。
また「ベルばらの日」にちなんで「宝塚には昔定年があった」「宝塚にある厳格なルール」など宝塚にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

8月29日はベルばらの日

今回は「ベルばらの日」について解説していきます!
なぜ8月29日が「ベルばらの日」なのかというと、1974年8月29日に宝塚歌劇で「ベルサイユのばら」が初演されたことが由来となっています。

当時演じられていた「ベルサイユのばら」は池田理代子原作の劇画を脚色したものであり、かなりの人気を博していました。
観客動員については1976年に上演が打ち切られるまでに140万人を記録していたそうです。

主にフランス革命について描かれた「ベルサイユのばら」ですが、週刊マーガレットで1972年~1973年の間に連載され、いまだに根強い人気のある作品となっています。
宝塚歌劇で大ヒットして以降はテレビアニメ化や映画化もされ、社会現象を巻き起こすほどの人気があったそうです。

宝塚歌劇で舞台化されていたことと、原作が少女漫画だったことから特に女性のファンが多い作品ですが、男性でも楽しめる内容となっています。
もし興味が湧いた方がいましたら「ベルばらの日」をきっかけにして「ベルサイユのばら」を読んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

宝塚の雑学

今回は「ベルばらの日」にちなんで「宝塚には昔定年があった」「宝塚にある厳格なルール」など宝塚にまつわる面白い雑学を紹介します。

宝塚には昔定年があった

実は宝塚には昔定年が存在していたという雑学です。
1976年までに宝塚歌劇団に入団した人については、なんと定年は60歳と一般的な企業のような定年があったんですね。

しかし、1977年以降になってからは定年という考え方がなくなり、現在では入団してから6年目までは宝塚歌劇団に所属できるようになっています。
6年目を過ぎてしまうと宝塚の舞台に立てなくなるのかというとそういう訳ではありません。

6年目からは劇団員としてではなく、個人で宝塚歌劇団と契約を結ぶようになるため、契約タレントとして舞台に立つことになります。
そのため、現在では実質年齢制限はなくなり、契約が続く限りは舞台に立ち続けることが出来るそうです。

宝塚にある独自のルール

宝塚歌劇団内には独自のルールがあるということは有名ですよね。
その独自のルールをいくつか紹介していきます。

宝塚歌劇団では「清く、正しく、美しく」が徹底されるため、普段から所作には気をつけなくてはなりません。
階段を上る際に一段飛ばしをしてはいけないですし、一段ずつ昇らなければなりません。

また、団員はガムテープを常備していて、もしもゴミが落ちていればガムテープを使って素早く拾わなければなりません。
宝塚歌劇団を退団する際には衣装は白と決められていることから、ファンも白い服を着て退団する団員を見送ります。

その日は楽屋などにあるものも真っ白にするなど、宝塚には独自のルールがたくさんあるのです。
以上が宝塚の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月29日)
文化保護法施行記念日
焼き肉の日
ベルばらの日
ふくの日

■明日は何の日?(8月30日)
冒険家の日
ハッピーサンシャインデー
富士山測候所記念日
みその日
EPAの日

■昨日は何の日?(8月28日)
民法テレビスタートの日
テレビCMの日
バイオリンの日
にわとりの日