8月30日は冒険家の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

冒険家の日今日は何の日
8月30日の「今日は何の日?」は「冒険家の日」です。

スポンサーリンク



8月30日は冒険家の日

今回は「冒険家の日」について解説していきます!
なえ8月30日が「冒険家の日」なのかというと、8月30日に様々な冒険家が偉業を成し遂げたことが由来となっています。

1965年8月30日に同志社大学南米アンデス・アマゾン遠征隊がアマゾン川の源流からの川下りに挑戦し、3週間かけて見事に130kmという距離を下ることに成功しました。
また、1970年8月30日には植村直己がマッキンリー単独登頂に成功して、世界五大陸最高峰の山々を制覇しました。

更に1989年8月30日には堀江謙一が世界最小の小型ヨットの「ミニマーメイド号」太平洋横断に挑戦して成功した日でもあります。
どの冒険に関してももちろん命懸けの挑戦となり、どれも常人には達成することの難しい偉業ですよね。

マッキンリーの単独登頂を成功させた植村直己は「冒険で死んではいけない。生きて戻ってくるのが絶対、何よりの前提である。」と語っていたそうです。
しかし、1984年2月12日の43歳の誕生日に世界初のマッキンリー冬期単独登頂後に成功した後、翌2月13日に行われた交信以降は連絡が取れなくなってしまい、行方不明になってしまうという最期を遂げました。

その後、それまでの偉業を称えて同年に国民栄誉賞を受賞することになりましたが、冒険とは常に死と隣り合わせだということがよくわかりますよね。

スポンサーリンク



冒険家の雑学

今回は「冒険家の日」にちなんで「冒険家の雑学」を紹介します。

冒険家はどうやって収入を得ている?

「冒険家」になるためには資格もいらないですし、健康な身体であり自信があればいつでも始められる職業ですが、そもそも謎が多すぎる職業ですよね。
冒険に出るための装備を整えたり、日本国外で冒険するのにもお金がかかりますが、そもそも冒険家の収入がどうなっているのかというのもとても不思議です。

実は冒険家の主な収入源は「スポンサー」となっています。
冒険をするためには多大な資金が必要となりますが、スポンサーを付けることによって資金の援助を受けて冒険へいくわけですね。

しかし、いきなり冒険に行きたいからスポンサーになってくれと頼まれて二つ返事で承諾してくれる企業はありません。
ある程度の冒険家としての実績を積み重ねる事によって、ようやく冒険家としての講演会のオファーや書籍の執筆の依頼などが来て収入が得られるようになるのです。

無名な冒険家であるうちにはスポンサーを付けることは難しく、以上のような活動を繰り返すことによってようやく資金を援助してくれるスポンサーが現れるというわけですね。

日本をジャパンと名付けたのはマルコポーロ

日本は英語で「ジャパン」と呼ばれていますが、この日本を「ジャパン」と名付けたのはマルコポーロだとされているのは知っていましたか?
マルコポーロはイタリアの商人であり、当時はアジアへと足を運んで商売を行っていました。

そして、マルコポーロは後にアジアを渡り歩いて自分が見聞きした情報を「東方見聞録」としてまとめるのですが、そこで初めて日本が「ジパング」として登場するのです。
なぜ日本を「ジパング」としたのかというと、当時の中国では「日」を「ジッ」と発音し「本」を「ポング」と発音して「ジッポング」としていたのですが、中国に滞在していたマルコポーロがこれを聞いた結果「ジパング」として伝わり、やがて英語圏では「ジパング」の発音が変化していって「ジャパン」となったとされているのです。

マルコポーロが黄金の国として日本を「ジパング」として紹介したことがきっかけで「ジャパン」となったということですね。
以上が冒険家の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月30日)
冒険家の日
ハッピーサンシャインデー

■明日は何の日?(8月31日)
I Love Youの日
野菜の日

■昨日は何の日?(8月29日)
文化保護法施行記念日
焼き肉の日

スポンサーリンク



フォローする