8月30日はハッピーサンシャインデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ハッピーサンシャインデー今日は何の日
8月30日の「今日は何の日?」は「ハッピーサンシャインデー」です。

スポンサーリンク



8月30日はハッピーサンシャインデー

今回は「ハッピーサンシャインデー」について解説していきます!
なぜ8月30日が「ハッピーサンシャインデー」なのかというと、8月30日という日付が「ハッピー(8)サンシャイン(30)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「ハッピーサンシャインデー」を制定した団体は定かではありませんが、この日は「太陽のような明るい笑顔で過ごせば、ハッピーな気分になれる日」とされています。
また、8月30日に生まれた人は素敵な笑顔をしている人が多いことも「ハッピーサンシャインデー」が制定された由来にもなっています。

8月30日に生まれた有名人について調べてみましたが、嵐の松本潤、プロボクサーの元WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助などが8月30日生まれだということがわかりました。
確かにこの二人の笑顔は素敵であり、8月の太陽の陽気のように晴れやかな明るい性格をしていますよね。

実際に「~~月生まれの人には~~な性格な人が多い」という統計があるそうで、もしかすると8月生まれの人は陽気な人が多く、笑顔が素敵な人が多いのかもしれませんね。

スポンサーリンク



笑顔の雑学

今回は「ハッピーサンシャインデー」にちなんで「笑顔の雑学」を紹介します。

笑い死にって本当にあるの?

「笑い死に」という言葉を聞いた事があると思いますが、笑いすぎて文字通り死にそうになってしまうという比喩だと思っていませんか?
しかし、実際に現実には「笑い死に」をしている人が何人もいるのです。

歴史上でも何人もの人物が笑い死にを遂げたとされていますが、近年でも笑い死にしてしまう事例はたくさんあります。
イングランドに住んでいた50歳のレンガ住み職人であるアレックス・ミッチェル氏は、1975年に当時放送されていた「The Goodies」というテレビ番組でキルト姿のスコットランド人がバグパイプを武器に悪者と戦うところを見て、爆笑したあまりに心不全で亡くなってしまいました。

また、1989年にはタイ人のアイスクリーム売りであるダムノエン・サエン=ウム氏が、寝ている間に笑いながらそのまま心不全か窒息を起こしてしまって亡くなってしまいました。
他にも笑い死にの事例は数々存在しており、決して人ごとではないことがわかりますよね。

笑っても涙が出る理由

人間は悲しい時などには涙を流しますが、その正反対の感情である楽しくて笑っている時にも涙が出ますよね。
悲しくもないのに涙が流れてしまうのはとても不思議に感じてしまいますよね。

涙が出てくるメカニズムは人間の「自律神経」に関係があります。
自律神経とは「交感神経」と「副交感神経」の2つとなっていて、笑っている時に涙が流れるのは「副交感神経」が働いているからなんです。

「副交感神経」は人間が悲しんでいる時に傾くものであるのと同時に、実は楽しくて笑ったり、リラックスしている時にも働く神経なんです。
そのため、悲しんでいる時と同様にして笑っている時も意図せず涙が流れてしまうことは不思議なことではないのです。

以上が笑顔の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月30日)
冒険家の日
ハッピーサンシャインデー

■明日は何の日?(8月31日)
I Love Youの日
野菜の日

■昨日は何の日?(8月29日)
文化保護法施行記念日
焼き肉の日

スポンサーリンク



フォローする