富士山測候所記念日の由来と面白い雑学、8月30日の今日は何の日?

富士山測候所記念日今日は何の日
8月30日の「今日は何の日?」は「富士山測候所記念日」です。
また「富士山測候所記念日」にちなんで「米軍には富士山を赤く染め上げる作戦があった」「富士山で炊くご飯は不味い」など富士山にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

8月30日は富士山測候所記念日

今回は「富士山測候所記念日」について解説していきます!
なぜ8月30日が「富士山測候所記念日」なのかというと、1895年8月30日に富士山頂に野中測候所が開設したことが由来となっています。

これは大日本気象学会の野中至が私財を投じて建設したものであり、現在の気象庁富士山測候所の前身となりました。
野中至が日本の気象学が発展していくためには、富士山の山頂で通年観測することが必要だと考えていました。

当時の技術では富士山のような高所で気象観測を通年で行うことはとても難しいことだったそうです。
そのため、通年観測についてどれだけ訴えても、そんなことは出来るはずもないと誰も手を貸さなかったのです。

野中至が私財を投げ打ってまで野中測候所を開設したのは、実際に自分が実行して、そうした周囲の目を変えるしかないと考えたからなんですね。
結果として野中至が努力を積み重ねた結果、日本の気象学は大いに発展することとなったのでした。

スポンサーリンク

富士山の雑学

今回は「富士山測候所記念日」にちなんで「米軍には富士山を赤く染め上げる作戦があった」「富士山で炊くご飯は不味い」など富士山にまつわる面白い雑学を紹介します。

米軍には富士山を赤く染め上げる作戦があった

実は戦時中、米軍には富士山をペンキで赤く染め上げるというとんでもない作戦が考えられていたそうです。
第二次世界大戦が行われていた時代には、米軍に「神経戦部」という部署があったのです。

神経戦部ではいかにして相手の戦意を削ぐことができるのかが日々研究されていたそうで、戦時中は日本軍の戦意を削ごうと作戦を練っていました。
そこで考えられたのが富士山をペンキで赤く染めるという作戦でした。

しかし、実際にこの作成を実行しようとすると莫大なペンキが必要となり、そのためにはB29を3万機用意しなければならなかったのです。
結局はこの作戦は立案されたものの、実行に移されることはなかったのでした。

富士山で炊くご飯は不味い

登山の経験がある人はご存じかと思いますが、山登りをした後に食べるご飯は格別ですよね。
しかし、富士山に登頂してからご飯を炊くと失敗する確率が高く、ご飯が不味くなってしまうのです。

その理由は富士山の山頂の気圧が平地に比べるとかなり低いことが挙げられます。
理科の授業で習ったことがあるかと思いますが、気圧が低くなると水を沸騰させた時の沸点が下がってしまうんですね。

富士山の山頂でお湯を沸かしたとしても約88度ぐらいにしかならないため、お米を炊こうとしても芯などが残って半生の状態になってしまうのです。
せっかく頑張って富士山の登頂に成功したのに、そこで不味いご飯を食べるなんて失敗はしないように、お米はおにぎりなどで持ちこんだ方が良いでしょう。

以上が富士山の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(8月30日)
冒険家の日
ハッピーサンシャインデー
富士山測候所記念日
みその日
EPAの日

■明日は何の日?(8月31日)
I Love Youの日
野菜の日
宿題の日
そばの日
菜の日

■昨日は何の日?(8月29日)
文化保護法施行記念日
焼き肉の日
ベルばらの日
ふくの日