9月2日は靴の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

靴の日今日は何の日
9月2日の「今日は何の日?」は「靴の日」です。
また「靴の日」にちなんで「スニーカーやローファーの名前の由来」「足より大きい靴を履くと足が臭くなる」など靴にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月24日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

9月2日は靴の日

今回は「靴の日」について解説していきます!
なぜ9月2日が「靴の日」なのかというと、9月2日という日付が「く(9)つ(2)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「靴の日」については銀座の婦人靴専門店であるダイアナ株式会社の谷口秀夫氏によって1992年に制定された記念日となります。
ダイアナ株式会社によるとこの日を「ダイアナの靴の素晴らしさをより多くの人に知ってもらう」ということを目的とした記念日としています。

実は9月2日以外にも「靴の日」については存在しています。
3月15日についても「靴の日」とされていて、こちらについては1870(明治3)年3月15日に西村勝三が、東京・築地入船町に日本初の西洋靴の工場「伊勢勝造靴場」を開設したことが由来となっています。

こちらの「靴の日」については日本靴連盟によって1932(昭和7)年に制定された記念日となります。
当時はまだ日本人が皮靴などを履く文化が存在していなかったのですが、当時輸入されていた軍靴が大きすぎて日本人の足に合わなかった事から、西洋靴が作られるようになりました。

人間の生活には「靴」というものは欠かせないものとなっているので、「靴」に関する記念日が二つあるというのもなんだか納得できますよね。

スポンサーリンク

靴の雑学

今回は「靴の日」にちなんで「靴の雑学」を紹介します。

スニーカーやローファーの名前の由来

靴といっても世の中には様々な種類の靴が存在していますよね。
そんな靴の名称には意外な由来が隠されており、面白いものがいくつかあるので紹介します。

まずは世界中で男女問わずに幅広く愛用されている「スニーカー」という靴の由来についてです。
実は「スニーカー」という名称については「忍び寄る」という意味の英語である「sneak」が由来となっています。

皮靴などは地面を歩く時に「カツカツ」といった音がなるために、歩いていたら音で気づかれますよね。
しかし、スニーカーは靴底が柔らかい素材で出来ているため、音を立てずに人の後ろから忍び寄ることもできることから「スニーカー」という名前となったのです。

また「ローファー」についても面白い名前の由来があります。
実は「ローファー」という名前については「怠け者」という意味である英語の「loafer」が由来となっているのです。

ローファーは靴ひもを結ぶ必要もなく、脱いだり履いたりするのが非常に楽なため「怠け者」という意味の「ローファー」という名称になったのでした。

足より大きい靴を履くと足が臭くなる

仕事などで長時間靴を履いていると気になってくるのが足の臭いですよね。
少しでも足が臭わないように気をつけたいところですが、実はサイズがあっていなくて足よりも大きい靴を履いていると足が臭くなってしまうのです。

なぜサイズが合っていないと足が臭くなってしまうのかというと、靴の中に余分なスペースが出来てしまい、ここが高温多湿となるため、臭いの原因となる雑菌が非常に繁殖しやすくなってしまうからなんです。
そのため、適当に靴を選んでしまってブカブカにしていると、誰でも足が臭くなってしまう可能性があるのです。

もしも靴の中が臭くなってしまった場合は、10円玉を入れておくと消臭効果が期待できるそうです。
以上が靴の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月2日)
宝くじの日
靴の日

■明日は何の日?(9月3日)
ドラえもんの誕生日
ホームラン記念日
ベッドの日

■昨日は何の日?(9月1日)
二百十日
防災の日
キウイの日
レビュー記念日

スポンサーリンク

フォローする