9月3日はドラえもんの誕生日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ドラえもんの誕生日今日は何の日
9月3日の「今日は何の日?」は「ドラえもんの誕生日」です。
また「ドラえもんの誕生日」にちなんで「ドラえもんが青い理由」「ドラえもんの値段」などドラえもんにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



9月3日はドラえもんの誕生日

今回は「ドラえもんの誕生日」について解説していきます!
なぜ9月3日が「ドラえもんの誕生日」なのかというと、ドラえもんの誕生日が西暦2112年9月3日であることが由来となっています。

ドラえもんは誕生して以来、世代をとわず日本人に愛されてきたキャラクターですよね。
現在でもアニメの放送はされており、映画の公開なども行われていますが、意外と大人も劇場に足を運んで思わず泣いてしまうなんてこともあるぐらい、ストーリーがしっかりと作られているそうです。

そんなドラえもんの誕生日は「西暦2112年9月3日」とあるように、ドラえもんに関する設定は何かと「1,2,3,9」という数字が使われていますよね。
有名なものだと「身長」「体重」「スリーサイズ」「足の長さ」など全てが129.3という数字が使われていることがわかります。

この意味深な設定ですが、実はドラえもんの連載が始まった当時は、ドラえもんの対象年齢が小学4年生に設定されていたそうです。
そして、小学4年生であるのび太がドラえもんを見下ろさないような身長に設定したのですが、それが129.3cmだったのです。

129.3cmという数値については、その当時の現実の小学4年生の身長が129.3cmであったことから、漫画のドラえもんでもその数値が採用されたといわれています。

スポンサーリンク



ドラえもんの雑学

今回は「ドラえもんの誕生日」にちなんで「ドラえもんの雑学」を紹介します。

ドラえもんが青い理由

ドラえもんの色が青いのには設定がありますよね。
ドラえもんが誕生した当時はなぜドラえもんが青い色なのかは言及されていませんでした。

ドラえもんが連載されていく中で、ドラえもんはもともと耳が生えていたのですが、耳をかじられてしまい頭がまんまるになってしまいました。
そして、その頭を見たガールフレンドに丸い頭をからかわれたことによってショックを受けたドラえもんは大泣きしてしまい、この影響で黄色い塗装がはがれて青くなってしまったとされています。

しかし、実はドラえもんが青くなったのには別の理由もあるのです。
ドラえもんが連載が開始されてからカラーページが割り当てられる機会があったのですが、この時に背景の色が黄色であり、タイトル文字が赤かったため、バランスを考慮してドラえもんのカラーを青色にしたという説も存在しています。

その当時は諸々の事情があったのかもしれませんが、今ではドラえもんは青色でなくてはかなり違和感を覚えるほど定着しましたよね。

ドラえもんの値段

現在の日本でもコミュニケーションのはかれるロボットが販売されていますよね。
2017年現在で代表的なロボットであるソフトバンクが開発したロボットの「Pepper(ペッパー)」の価格は19万8千円となっています。

約100年後の未来であるロボットであるとはいえ、ペッパーよりも遙かに高性能なロボットであるドラえもんは、当然ながらペッパーよりも遙かに価格が高そうですよね。
しかし、実は設定ではドラえもんの価格は20万円だとされています。

ドラえもんがペッパーと同程度の値段で買えるなんてとても安く感じてしまいますよね。
更に言えば、タケコプターは15万円ですし、どこでもドアなどは64万円であることから、これらに比べてもドラえもんはとても安価で買えるロボットだということがわかります。

以上がドラえもんの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月3日)
ドラえもんの誕生日
ホームラン記念日
ベッドの日

■明日は何の日?(9月4日)
くしの日
関西国際空港開港記念日

■昨日は何の日?(9月2日)
宝くじの日
靴の日

スポンサーリンク



フォローする