9月5日は国民栄誉賞の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

国民栄誉賞の日今日は何の日
9月5日の「今日は何の日?」は「国民栄誉賞の日」です。

スポンサーリンク



9月5日は国民栄誉賞の日

今回は「国民栄誉賞の日」について解説していきます!
なぜ9月5日が「国民栄誉賞の日」なのかというと、1977年9月5日に通算ホームラン数の世界最高記録を作った王貞治が、日本初の国民栄誉賞を受賞したことが由来となっています。

それまでの通算ホームラン数の世界最高記録はアメリカ大リーグのハンク・アーロンが持っていましたが、後楽園球場で巨人の王貞治選手が通算756号ホームランを打ったことによって世界最高記録が塗り替えられることとなりました。
王貞治選手はその後もホームランを打ち続けて現役を引退するまでに868本のホームランを打ちました。

ちなみに、「国民栄誉賞」とは日本の内閣総理大臣表彰のひとつであり、1977年(昭和52年)に定められた国民栄誉賞表彰規程に従って行われ、当時の首相・福田赳夫により創設されたものとなります。
それまでは「国民栄誉賞」というものは存在しませんでしたが、通算ホームラン数の世界最高記録を達成した王貞治を称えるために創設したのが始まりであり、つまり王貞治が日本初の「国民栄誉賞」を受賞した人物となります。

それからはスポーツという分野だけからではなく、様々な分野から「国民栄誉賞」を受賞する人物が現れて、2016年までに23人と1団体が受賞を果たしています。

スポンサーリンク



国民栄誉賞の雑学

今回は「国民栄誉賞の日」にちなんで「国民栄誉賞の雑学」を紹介します。

国民栄誉賞をもらうとどうなるの?

「国民栄誉賞」とは多大な功績を残した人物に贈られるものであり、受賞をした人には様々な恩恵がありそうですよね。
それでは「国民栄誉賞」を受賞するとどのような恩恵が受けられるのでしょうか。

それは「多大な功績を残したという名誉」だけなんです。
え?それだけ?と思うかもしれませんが、「国民栄誉賞」を受賞したからといって多額の賞金が出るわけでもなく、その後の人生が保障されるわけでもありません。

一応は規定上では賞金を出すことには問題はないようですが、これまでの受賞者にお金を受け取った人物はいないそうです。
その代わりに100万円相当までの記念品を授与されることもありますが、過去に受賞したマラソンランナーの高橋尚子さんは腕時計を希望し、数千円の腕時計が贈られました。

このように、少しの副賞と受賞記念の盾などが贈られますが、基本的には「栄誉」が与えられて讃えられるというのが「国民栄誉賞」となります。

国民栄誉賞を辞退した人もいる

日本国民の最高の栄誉ともいわれている「国民栄誉賞」ですが、なんと過去には国民栄誉賞の受賞を辞退している人もいるんです。
最近で国民栄誉賞の受賞を辞退した人で有名な人は、メジャーリーグで2017年現在も活躍しているイチロー選手となります。

なぜ国民栄誉賞を辞退したのかというと「まだ現役選手で発展途上中なので、もしいただけるのなら引退してからいただきたい」との思いからのようです。
ストイックでプロフェッショナルとしての意識の高いイチロー選手らしい言葉ですよね。

他にも阪急ブレーブスでプロ野球選手として活躍した福本豊さんについても国民栄誉賞の受賞を辞退しています。
福本豊さんによると「そんなもの戴いたら、立ち小便も出来ないよ」とのことから、自分には恐れ多い栄誉だということで辞退したそうです。

以上が国民栄誉賞の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月5日)
国民栄誉賞の日
石炭の日

■明日は何の日?(9月6日)
黒の日
生クリームの日
クロスワードの日

■昨日は何の日?(9月4日)
くしの日
関西国際空港開港記念日

スポンサーリンク



フォローする