スペインワインの日の由来と面白い雑学、9月8日の今日は何の日?

スペインワインの日今日は何の日
9月8日の「今日は何の日?」は「スペインワインの日」です。
また「スペインワインの日」にちなんで「ワインの保存にコルク栓が使われる理由」「単位のトンはワインが語源」などワインにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

9月8日はスペインワインの日

今回は「スペインワインの日」について解説していきます!
なぜ9月8日がワインの日なのかというと、1932年9月8日にスペインでワイン法が政令として承認されたことが由来となっています。

ワイン法とは現在のワイン原産地呼称統制法の基となった法律であり、原産地呼称統制法は原産地名の認定であったり保護をするための制度のことですね。
「スペインワインの日」についてはスペインワイン協会によって制定された記念日となっています。

スペインワイン協会は普段からスペインワインの素晴らしさを広めるため、スペインワインのPRなどの活動を行っている団体です。
毎年9月8日前後の日曜日には「スペインワイン祭り」を開催されていて、スペインワインの魅力を伝えてその認知度を向上させることが目的となっています。

スペインはイタリアやフランスに次いで世界第三位のワイン生産国として知られています。
9月8日の「スペインワインの日」には、シェリー酒、サングリア、カヴァ、レセルバなど代表的なスペインワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ワインの雑学

今回は「スペインワインの日」にちなんで「ワインの保存にコルク栓が使われる理由」「単位のトンはワインが語源」などワインにまつわる面白い雑学を紹介します。

ワインの保存にコルク栓が使われる理由

ビールやカクテル、日本酒やチューハイなどのお酒は缶や瓶などにつめられていますよね。
しかし、ワインはボトルにつめられていて、多くは蓋にコルク栓が使われているのですが、これにもちゃんとした理由があります。

ワインは長い時間をかけて熟成させるほど美味しくなるお酒であることからコルク栓が採用されているのです。
コルクは気密性が高く弾力性もありとても丈夫に出来ていて、さらに腐りにくい素材ということから、ワインの長期間保存にぴったりなんです。

最近では簡単に開栓出来て開栓後に再栓の出来るスクリューキャップというものも普及してきています。
しかし、コルクに醸造元が印字されているのがワインの名紙代わりとなっていたり、昔からの風習ということもあって、まだまだコルク栓が採用されたワインが多いんですね。

単位のトンはワインが語源

重さの単位には「トン」というものがありますが、実はこの単位はワインが語源となっているのはご存じですか?
その昔、フランスのボルドーという都市ではワインを売買するときに4樽をセットにしていたそうです。

このワイン樽には225リットルのワインが注がれていて、4樽を1トノーという単位としていました。
ご存じの通り1トンは1000キロ(リットル)なので「225×4=900リットル=0.9トン」だと足りないですよね?

実際にはワインを入れた樽の重さが25キロあるので、ワイン+樽の重量=250キロとなります。
そのため「250キロ×4=1トノー」となり、この1トノーがトン(tonne)という単位の語源となったのでした。

以上がワインの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月8日)
白露
国際識字デー
ニューヨークの日
スペインワインの日
果物の日
歯ブラシ交換デー

■明日は何の日?(9月9日)
救急の日
世界占いの日
栗きんとんの日
ポップコーンの日
クジラの日
パソコン検定の日

■昨日は何の日?(9月7日)
CMソングの日
クリーナーの日
絶滅危惧種の日
生パスタの日

スポンサーリンク

注目記事

フォローする