9月10日はカラーテレビ放送記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

カラーテレビ放送記念日今日は何の日
9月10日の「今日は何の日?」は「カラーテレビ放送記念日」です。
また「カラーテレビ放送記念日」にちなんで「手錠にモザイクがかけられる理由」「実は放送禁止用語は存在しない」などテレビにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

9月10日はカラーテレビ放送記念日

今回は「カラーテレビ放送記念日」について解説していきます!
なぜ9月10日が「カラーテレビ放送記念日」なのかというと、1960年9月10日にNHK・日本テレビ・ラジオ東京テレビ(現在のTBS)・読売テレビ・朝日放送の5局がカラーテレビの本放送を開始したことが由来となっています。

それまで白黒だったテレビがカラーで見られるようになることから、多くの人がカラーテレビを買ったと思われますよね。
しかし、9月10日のカラーテレビの本放送開始とともに普及したカラーテレビの台数はわずか1200台程度だったとされています。

なぜなら、当時のカラーテレビの価格は52万円もするとても高級なものだったからなんです。
1960年当時の大卒男子の初任給が16,115円だったことから、52万円という価格はとても一般家庭が手を出せる価格ではないことがわかりますよね。

その後も1964年に東京オリンピックが開催されることからカラーテレビの放送は徐々に整備されていきました。
そして、カラーテレビが放送開始されてから13年が経過した1973年には、ようやくカラーテレビの普及率が白黒テレビの普及率を上回ることが出来たのです。

現在はテレビはカラーなのが当たり前になっていますが、ほんの40~50年前まではむしろ白黒の方が主流だったのは驚きですよね。

スポンサーリンク

テレビの雑学

今回は「カラーテレビ放送記念日」にちなんで「テレビの雑学」を紹介します。

手錠にモザイクがかけられる理由

テレビでニュースなどを見ていると、犯罪の容疑で逮捕された人にかけられている手錠にモザイクがかけられていることがありますよね。
テレビドラマなどでは手錠にモザイクがかけられずに普通に放送されていますが、これには何の違いがあるのでしょうか。

実は報道番組などで手錠にモザイクをかけるのは、逮捕された時点ではまだ「容疑者」であり「犯罪者」として確定しているわけではないからなんです。
手錠をかけられてパトカーなどに乗せられる姿がメディアを通して視聴者の目に触れてしまえば「犯罪者」のように見えてしまいますよね。

容疑がかかっているだけで、後日になって冤罪となってしまっても、一度手錠をかけられて犯罪者のように報道されてしまっては社会復帰が難しくなります。
そのため、人権を守るためにもまだ容疑者である段階では手錠にモザイクをかけるようにしているそうです。

実は放送禁止用語は存在しない

テレビを見ている時に「ピー」という音が挟まって出演者の声がさえぎられることがありますよね。
いわゆる「放送禁止用語」と呼ばれるものなんですが、どこからどこまでが「放送禁止用語」となるのか不思議に思ったことはありませんか?

実はそもそも「放送禁止用語」というものは、ごく一部の例外を除いては明確に存在しているわけではないんです。
法律によって「放送禁止用語」が定められているわけではないので、これは放送事業者が自主的に放送したらまずいと判断したワードを規制しているだけなんですね。

主に視聴者からクレームがあったり、時間帯によって放送していい言葉などを選んで各局が自主判断であの「ピー」という音をはさんでいるのでした。
以上がテレビの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月10日)
牛タンの日
下水道の日
カラーテレビ放送記念日

■明日は何の日?(9月11日)
公衆電話の日
警察相談の日

■昨日は何の日?(9月9日)
救急の日
世界占いの日
栗きんとんの日

スポンサーリンク

フォローする