9月14日はメンズバレンタインデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

メンズバレンタインデー今日は何の日
9月14日の「今日は何の日?」は「メンズバレンタインデー」です。

スポンサーリンク



9月14日はメンズバレンタインデー

今回は「メンズバレンタインデー」について解説していきます!
なぜ9月14日が「メンズバレンタインデー」なのかというと、下着の販促のために制定されたのが由来だとされています。

「メンズバレンタインデー」については日本ボディファッション協会によって1991年に制定された記念日となります。
日本ボディファッション協会によるとこの日は「男性から女性に下着を送って愛を告白する日」とされています。

下着を送って愛を告白する日となっていますが、日本ボディファッション協会では特にこの日にイベントなどは開催していないそうです。
バレンタインデーは世界でも行われている記念日となりますが、下着メーカーの商戦によって制定された記念日なので、メンズバレンタインデーについては日本だけで行われている記念日となります。

制定された当初は話題を呼んでいましたが、現在ではあまり「メンズバレンタインデー」について話題になることが無くなってきたような気がしますよね。
そもそも恋人同士でも女性に下着をプレゼントするということがハードルが高いように感じられますし、ましてや愛の告白をする時に付き合ってもない女性に下着を送って告白をするなんて少し難易度が高すぎな気がしますよね。

やはり女性側もいきなり下着をプレゼントされて告白を受けても困惑してしまいますし、その結果として「メンズバレンタインデー」についてはあまり流行しなかったのだと思います。

スポンサーリンク



下着の雑学

今回は「メンズバレンタインデー」にちなんで「下着の雑学」を紹介します。

昔は下着を履かないのが当たり前だった

現在では下着を身に付けるのが当たり前となっていますが、実は一昔前までは逆に下着をつけないのが当たり前だったって知っていましたか?
昔は普段着が基本的には和服だったためその時には下着を身に付けるという文化が日本人にはなかったのです。

「一昔前まで」という書き方をしましたが、下着を身につけていなかったのは江戸時代までのことなどではなく、実は明治時代になっても大正時代になっても下着は身につけないのが当たり前でした。
明治時代や大正時代には西洋式の下着が輸入されるようになったことから一部の上流階級の人に関しては下着を履いていました。

しかし、庶民に下着というものが普及したのは昭和の戦中や戦後のことであって、100年前ぐらいの日本ではほとんどの人が下着を身につけていなかったのです。
女性がしているブラジャーについても日本に普及し始めたのは1951年以降のことでした。

赤い下着で年越しする幸せになれる

世界には様々な都市伝説が存在していますが、実は下着にまつわる都市伝説も存在しているんです。
その都市伝説は「赤い下着を身に付けて年越しをすると幸せになれる」といった内容のものです。

イタリアでは古くからこのような言い伝えが残っていて、実際に赤い下着をつけて年越しをするという人もいるそうです。
また、韓国や中国といったアジア圏の国でも同様の都市伝説がささやかれています。

このような都市伝説が日本にも伝わった結果、何と日本でも幸せになれることを信じて赤い下着を身に付けて年越しをするという人がちらほらと現れているそうなんです。
その影響からか、年末には赤い下着の売れ行きが好調になるとの情報もあります。

以上が下着の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月14日)
メンズバレンタインデー

■明日は何の日?(9月15日)
ひじきの日
老人の日

■昨日は何の日?(9月13日)
世界の法の日
プログラマーの日

スポンサーリンク



フォローする