コスモスの日の由来と面白い雑学、9月14日の今日は何の日?

コスモスの日今日は何の日
9月14日の「今日は何の日?」は「コスモスの日」です。
また「コスモスの日」にちなんで「竹も100年に一度は花を咲かせる」「オランダにはチューリップバブルがあった」など花にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

9月14日はコスモスの日

今回は「コスモスの日」について解説していきます!
なぜ9月14日が「コスモスの日」なのかというと、3月14日のホワイトデーからちょうど半年であることが由来となっています。

「コスモスの日」はホワイトデーから半年ということで、お互いにプレゼントにコスモスを添えて交換し、お互いの愛を確認しあう日となっています。
なぜコスモスを添えるのかというと、コスモスの花言葉が「愛情」であることが由来になっていて、特に赤いコスモスが「愛情」を意味しているそうです。

また、コスモスといえば元々はギリシャ語で「美しい」や「秩序」を意味する言葉でしたが、その意味が転じて美しい花という意味でコスモスと呼ばれるようになったのでした。
日本ではコスモスを漢字で書くと「秋桜」となることはあまり知られていませんよね。

これは、コスモスが満開になる季節が秋ということで、一面に咲くピンクや赤のコスモスが桜のように見えることから「秋桜」となったそうです。
カップルや夫婦の方は「コスモスの日」にぜひコスモスを添えてプレゼント交換などを楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

花の雑学

今回は「コスモスの日」にちなんで「竹も100年に一度は花を咲かせる」「オランダにはチューリップバブルがあった」など花にまつわる面白い雑学を紹介します。

竹も100年に一度は花を咲かせる

おそらくほとんどの人が見たことがないと思いますが、実は竹も花を咲かせるってご存知でしたか?
竹はとても長生きな植物であり、その寿命は100年~120年とも言われています。

もちろん竹も植物の一種であることから枯れる前にはきちんと花を咲かせ、花が咲いた後には種が出来ます。
花を咲かせた後には竹は枯れてしまいますが、実はあの竹の一本一本が枯れる訳ではありません。

竹は一本一本が単体で生えている訳ではなく、地中で茎が繋がっているんですね。
そのため、竹が花を咲かせて枯れた場合には、地中で茎で繋がっていた竹は一斉に枯れてしまうのです。

オランダにはチューリップバブルがあった

オランダといえばチューリップの生産国として有名ですよね。
実はオランダでは昔、チューリップの球根の価格が高騰し、その後暴落するといういわゆるチューリップバブルがあったのです。

チューリップは短期間で生産するのには向かない花であり、品薄状態になりやすいことから球根が先物取引されていました。
そこで、1634年ごろからチューリップの球根を大量に購入する投資家たちが現れ始め、品薄となった球根の価格が一気に高騰したのです。

チューリップの球根一つと工場が交換されたというエピソードも残っており、時には食料や家畜と交換されることもあったそうです。
1637年にはチューリップバブルがはじけたことにより球根の価格が暴落、たくさんの人がチューリップで負った借金を返せなくなる事態となりました。

以上が花の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月14日)
メンズバレンタインデー
グリーンデー
コスモスの日
ひよこの日

■明日は何の日?(9月15日)
ひじきの日
老人の日
スカウトの日
お菓子の日

■昨日は何の日?(9月13日)
世界の法の日
プログラマーの日
一汁三菜の日
王様の食パンの日

スポンサーリンク

注目記事

フォローする