9月15日はひじきの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ひじきの日今日は何の日
9月15日の「今日は何の日?」は「ひじきの日」です。

スポンサーリンク



9月15日はひじきの日

今回は「ひじきの日」について解説していきます!
なぜ9月15日が「ひじきの日」なのかというと、「ひじきの日」が制定された時点では9月15日という日付が「敬老の日」であったことが由来となっています。

「ひじきの日」については三重県ひじき協同組合によって1984年に制定された記念日となります。
なぜ「敬老の日」にちなんで「ひじきの日」を制定したのかというと、日本では古来よりひじきを食べると長生きすると言われていることが由来となっています。

昔に比べるとあまりひじきを食べるという人は多くはないと思いますが、それでもひじきの煮つけなどは副菜として活躍するメニューになりますし、現在でも年間消費量は約7000トンにもなるとされています。
ひじきといえば日本人にとって馴染みの深い食材だと思われていますが、国産のひじきは割と少なく、スーパーで売られている安価のひじきを見てみると他国からの輸入製品であることがわかります。

主なひじきの輸入先は韓国や中国となっていて、韓国からは約4000トン、中国からは約2000トンを輸入しています。
つまり、年間消費量の約7000トンのうちの約6000トンは輸入されたひじきを食べているということになりますよね。

輸入が大きな割合を占めていますが、もちろんひじきは日本でも古来より食べられている食材であり、縄文時代や弥生時代からすでにひじきらしき海藻を食べていた形跡が遺跡からも発掘されています。

スポンサーリンク



ひじきの雑学

今回は「ひじきの日」にちなんで「ひじきの雑学」を紹介します。

ひじきには毒が含まれている!?

皆さんはひじきを食べすぎてはいけないという話を聞いた事はありませんか?
有名な話かもしれませんが、ひじきはカルシウムやカリウム、ミネラル、鉄分といった栄養素が豊富な食材として知られる一方、実は毒素も含まれている食べ物なんです。

これはイギリスの食品規格庁によって発表されたものであり、ひじきには「無機ヒ素」が含まれていることが発表され、すでにイギリスではひじきを食べないように勧告が出ているそうです。
無機ヒ素はもちろん摂取してしまうと人体に影響を及ぼすものなのですが、無機ヒ素という毒素は水溶性であるため「水洗い」「水戻し」「ゆでこぼし」という方法で減らすことが出来ます。

イギリスに対して日本の食品安全委員会からはひじきについて「極端に多く食べない限りは健康上のリスクはない」としています。
厚生労働省の発表では、体重50kgの日とであれば1日4.7gまでは乾燥ひじきを毎日食べていても問題はないとされています。

ひじきが大好きという人もいるかもしれませんが、あまり食べすぎるのは良くないみたいですね。

最近のひじきはそんなに鉄分が含まれていない

ひじきといえば鉄分が豊富に含まれている食材だと思われがちですよね。
しかし、最近のひじきはそんなに鉄分が含まれていないという事を知っていましたか?

なんと2010年までにはひじき100グラムに対して鉄分が55ミリグラム含まれていると発表されていましたが、2015年には鉄分が6.2ミリグラムしか含まれていないことが発表されています。
ほとんど10分の1ですよね。

これにはひじきの製造に使われている釜の材質が鉄製からステンレス製に変わったことが関係しているとされています。
調理器具が変わっただけでここまで栄養素に違いが出てくるとは少し信じられないですよね・・・・

以上がひじきの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月15日)
ひじきの日
老人の日

■明日は何の日?(9月16日)
競馬の日
ハイビジョンの日

■昨日は何の日?(9月14日)
メンズバレンタインデー

スポンサーリンク



フォローする