9月16日は競馬の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

競馬の日今日は何の日
9月16日の「今日は何の日?」は「競馬の日」です。
また「競馬の日」にちなんで「全員の馬券が当たってしまったらどうなる?」「競走馬の名前は9文字以内と決められている」など競馬にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



9月16日は競馬の日

今回は「競馬の日」について解説していきます!
なぜ9月16日が「競馬の日」なのかというと、1954(昭和29)年9月16日に日本中央競馬会(JRA)が農林省(現在の農林水産省)の監督の下で発足したことが由来となっています。

それまでの競馬は農林省蓄産部によって運営されている国営競馬でした。
日本中央競馬会が発足された目的は「競馬の健全な発展、畜産の振興、国や地方公共団体の財源の確保、馬文化の普及、スポーツとしての楽しみの提供」となっています。

日本中央競馬会が主催で行っている競馬については馬券の売り上げや、レースの質も世界的に評価されていて、高い水準のものとなっています。
現在は競馬からファンが離れていて、特に若者の競馬離れが深刻になっているため、競馬による売り上げがかなり減少しているそうです。

日本中央競馬会の売り上げは平成9年にはピークを迎えて4兆円を超えていましたが、それからは売り上げが下がる一方となっているそうです。
また、1990年代には競馬ファンの年齢層が平均で43.2歳となっていましたが、現在では平均年齢が50歳を上回っているそうです。

確かに競馬といえばおじさんなどの楽しみであり、若者が競馬場に足しげく通っている姿って想像出来ないですよね。
最近では競馬にさわやかなイメージを定着する目的で若者も足が運びやすいようなイメージのCMが流れていますが、今後また競馬が注目を浴びる日はくるのでしょうか。

スポンサーリンク



競馬の雑学

今回は「競馬の日」にちなんで「競馬の雑学」を紹介します。

全員の馬券が当たってしまったらどうなる?

自分の馬券が当たった場合には当然配当金が支払われますよね。
現実にはまずあり得ませんが、仮に全員が同じ馬券を買って全員が当たりになってしまったらどうなると思いますか?

馬券の配当倍率は当たった馬券の枚数が少なければ少ないほど高くなり、逆に当たった馬券の枚数が多ければ多いほど低くなる仕組みとなっています。
簡単に言うとみんなが当たるだろうと予想して買われた馬券が当たっても配当金が少なく、誰も予想し得なかった馬券を買って当たれば配当金が多くなるという仕組みです。

仮に全員が同じ予想をして同じ馬券を買って、その馬券が当たってしまった場合は配当倍率は1.0倍となり、つまり集められたお金を全員に払い戻すこととなり、買った馬券と同じ金額の配当金が配られることとなります。
その逆で全員の馬券がはずれてしまった場合には「特払い」というものが発生して100円馬券に対して70円が支払われるようになっています。

競走馬の名前は9文字以内と決められている

競走馬はかっこいい名前から不思議な名前のものまで様々な名前がありますよね。
これだけたくさんの名前が自由につけられていることから、競走馬の名前を付けるのには特に規則がないと思われています。

しかし、実は中央競馬の競走馬に関しては「名前の文字数が2文字以上で9文字以内」という文字数制限があるのです。
有名な競走馬の名前などを思い出してみてみると、確かに長い名前の競走馬っていないですよね。

これはイギリスの競馬に関する規則で競走馬の名前はアルファベットで18文字以内と決まっていることが由来となっていて、アルファベットで18文字以内ということは日本語でいうところの9文字と定めたとされています。
また、競馬が始まったばかりのころのレーシングプログラムはとても簡素だったため、9文字以内でなければ印刷できないため9文字までとなったという説も存在しています。

以上が競馬の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月16日)
競馬の日
ハイビジョンの日

■明日は何の日?(9月17日)
モノレール開業記念日
イタリア料理の日

■昨日は何の日?(9月15日)
ひじきの日
老人の日

スポンサーリンク



フォローする