牛とろの日の由来と面白い雑学、9月16日の今日は何の日?

牛とろの日
9月16日の「今日は何の日?」は「牛とろの日」です。
また「牛とろの日」にちなんで「牛は赤に反応する訳ではない」「牛は体内に磁石がある」など牛にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

9月16日は牛とろの日

今回は「牛とろの日」について解説していきます!
なぜ9月16日が「牛とろの日」なのかというと、9月16日が「9(ぎゅう)16(とろ)」の語呂合わせであることが由来となっています。

「牛とろの日」については北海道川上郡清水町で牛肉製品の製造・販売を行う有限会社十勝スロウフードによって制定された記念日となります。
牛とろという商品については、十勝スロウフードが提携してる牧場であるボーンフリーファームと共同で開発されたそうです。

2018年現在ではかなり認知度が高まってきた牛とろフレークですが、実は誕生したのは1997年とのことで20年以上前のことなんです。
牛とろフレークを凍ったまま温かいご飯にのせて食べる、いわゆる牛とろ丼が有名になったことによって一気に認知度が高まりました。

9月16日の「牛とろの日」を制定することによって、さらに多くの人に牛とろを食べてもらい、美味しさを知ってもらうことが目的となっています。
牛とろフレークの取り寄せ販売も行っているそうなので、気になるという方はぜひこの機会に購入して食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

牛の雑学

今回は「牛とろの日」にちなんで「牛は赤に反応する訳ではない」「牛は体内に磁石がある」など牛にまつわる面白い雑学を紹介します。

牛は赤に反応する訳ではない

闘牛といえば闘牛士の使う赤い布に反応して突進してくるイメージがあるかもしれません。
しかし、実は闘牛は布の赤色に反応をして突進している訳ではないってご存知でしたか?

それでは、闘牛は何に興奮して突進をしているのかといういと、単純に布がヒラヒラとはためいているのに興奮しているのです。
もともと牛の目は色を認識する能力が無いため、赤色でなくとも何色の布でもヒラヒラさせれば興奮して突進してくるんですね。

猫などが猫じゃらしのような動くものに過敏に反応していると考えればかなりわかりやすいのではないでしょうか。
ちなみに、闘牛士が使っているあの赤い布には「ムレータ」という名前があるそうです。

牛は体内に磁石がある

実は農場などで飼われている牛の体内には、ほとんど磁石が入っているって知っていましたか?
これは「カウマグネット」と呼ばれるもので、牛を安全を飼うために欠かせないもののようです。

牛は地面に落ちている金属などを誤飲することが多々あるそうで、その中には牛の胃腸を傷つける釘などの鋭利な金属も含まれています。
そこで、あらかじめ磁石を体内に入れておくことによってそうした金属を引き寄せて、牛の胃腸が傷つかないようにしているのです。

カウマグネットを予め体内に入れておかなければ、金属の誤飲によって最悪死に至る場合もあるそうです。
あまりにもカウマグネットに金属が引き寄せられた場合は、更に強力な磁石によって体内からカウマグネットを取り出して金属を取り除くようです。

以上が牛の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月16日)
競馬の日
ハイビジョンの日
牛とろの日
エコの日

■明日は何の日?(9月17日)
敬老の日
モノレール開業記念日
イタリア料理の日
キュートナーの日
いなりの日

■昨日は何の日?(9月15日)
ひじきの日
老人の日
スカウトの日
お菓子の日

スポンサーリンク

注目記事

フォローする