9月18日はしまくとぅばの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

しまくとぅばの日今日は何の日
9月18日の「今日は何の日?」は「しまくとぅばの日」です。
また「しまくとぅばの日」にちなんで「ハイビスカスは実は沖縄の花ではない」「ハイビスカスは暑さに弱い」など沖縄のハイビスカスにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

2月24日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

9月18日はしまくとぅばの日

今回は「しまくとぅばの日」について解説していきます!
なぜ9月18日が「しまくとぅばの日」なのかというと、9月18日という日付が「く(9)とぅ(十)ば(8)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「しまくとぅばの日」とは沖縄県の記念日であり、沖縄県の言葉「しまくとぅば(島言葉)」を奨励する日となっています。
沖縄県が平成18年に「しまくとぅばの日に関する条例」により制定された記念日となっていて、方言に関する記念日が条例により定められるのはこれが初めてとなりました。

条例が制定されて「しまくとぅばの日」が制定されて以降は、9月18日にあわせて沖縄県各地で島言葉に親しむイベントや、島言葉の今後について考えるシンポジウムなどが開催されています。
現在でも日本各地にさまざまな方言が残っていますが、その中でも沖縄の方言はほかの方言と比べてもかなり独特ですよね。

沖縄県の方言は「琉球方言」と言われていて、基本的には日本語と系統が同じとされていますが、琉球方言を知らない人とはあまりにも会話が通じ合わなくなることから、日本語とは別の言語とする人もいるほどです。
方言はその地に根差す立派な文化の一つですし、琉球方言以外の方言も大切に守っていきたいですよね。

スポンサーリンク

沖縄の雑学

今回は「しまくとぅばの日」にちなんで「沖縄の雑学」を紹介します。

ハイビスカスは実は沖縄の花ではない

皆さんのなかには沖縄の花といえば「ハイビスカス」をイメージする方もかなり多いのではないでしょうか。
沖縄県に住む人々からも親しまれていて、温暖な気候であることから沖縄県では一年中ハイビスカスの花があちこちに咲いています。

しかし、実はハイビスカスは沖縄県が原産地の花ではなく、原産地はハワイやマスカリン諸島なんです。
もともとハイビスカスは沖縄県に持ち込まれたものであり、がんばって人の手で育てながら少しずつ数を増やしてきたため、現在では沖縄県のいろいろな場所で見られるようになったのです。

見た目が美しいだけではなくその枝はかなり丈夫にできていることから、台風などが来たときに畑を守るために植えられたりもしているそうです。
ハイビスカスはハワイなどと気候が似ていることや台風が通過しやすいことから、沖縄県にはぴったりのお花なんです。

ハイビスカスは暑さに弱い

ハイビスカスは沖縄やハワイなどの亜熱帯に分布している花だということは説明しました。
そのことからハイビスカスは非常に暑さに強い植物のように思えるかもしれませんが、意外にも暑さには弱い植物なのです。

特に35度を超えるような猛暑日にはすぐに弱ってしまい、1日で花を枯らせてしまうことも珍しくはありません。
一年中咲いているイメージがあるかもしれませんが、咲いては枯れてを繰り返しているんですね。

そして、しぼんで枯れてしまったハイビスカスは次のハイビスカスが成長しやすいように人間の手で摘まれます。
沖縄できれいなハイビスカスを見ることが出来るのもそうした人間の努力によるものなのです。

以上が沖縄の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月18日)
かいわれ大根の日
しまくとぅばの日
ホタテの日

■明日は何の日?(9月19日)
苗字の日
クイックルの日
シュークリームの日

■昨日は何の日?(9月17日)
敬老の日
モノレール開業記念日
イタリア料理の日
いなりの日

スポンサーリンク

注目記事

フォローする