9月20日はバスの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

バスの日今日は何の日
9月20日の「今日は何の日?」は「バスの日」です。

スポンサーリンク



9月20日はバスの日

今回は「バスの日」について解説していきます!
なぜ9月20日が「バスの日」なのかというと、1903年9月20日に日本初の営業バスが京都・堀川中立売~七条~祇園の間を走ったことが由来となっています。

「バスの日」については日本バス協会によって1987年に制定された記念日となります。
営業バスの運行が始まる前にも実は一度だけバス路線が開設されていた時期があったそうです。

1903年の3月に大阪で開催された内国勧業博覧会への旅客輸送のために、梅田と天王寺を結ぶバス路線が開設されたのですが、これが日本初のバス路線だったそうです。
そして、同年の9月20日の「バスの日」に営業バス路線が開設されることになったのですが、なんと初日から営業中止勧告を受けてしまうという波乱の幕開けでした。

同年の11月21日には正式に営業が開始されることになりましたが、使用された車両が6人乗りのものであったため、この車両をバスとみなせるのかどうかは判断が分かれています。
その2年後の1905年(明治38年)2月には広島の横川から可部の間に12人乗りのバス(写真)の運行が開始されることとなりました。

前述のバスが6人乗りのものであったため、こちらを最初のバス運行としている説もあります。
しかし、車両の故障などが相次いでしまった結果、費用が不足してしまったため9月で営業が終了となりました。

このようにバス路線が開設されたばかりのころは様々な問題が生じていたそうです。

スポンサーリンク



バスの雑学

今回は「バスの日」にちなんで「バスの雑学」を紹介します。

路線バスが定員オーバーにならない理由

バス通勤やバス通学をしている人にとって混雑したバスは地獄のような時間ですよね。
無理やり人をぎゅうぎゅうに詰め込んで路線バスが走行している事も珍しくはないのですが、そもそもあまりの窮屈さに定員オーバーなのでは?と思ったこともあるかと思います。

しかし、実は路線バスが定員オーバーになることはないそうです。
路線バスの定員に関しては「サービス定員」という考え方が適用されているため、通常の運行に支障がない乗客数であれば座席に座らずに立っている人がいたとしても走行することが出来ます。

路線バスの「サービス定員」に関してはバスのサイズによっても多少は前後しますが、70~80人程度に設定されているそうです。
ところが、実際に路線バスに大人数を乗せてどれだけぎゅうぎゅうに詰め込んだとしても、60人を超えることはないそうです。

そのため一応は定員というものはあるものの、物理的に定員オーバーをすることは無理だということですね。

路線バスにシートベルトがない理由

車に乗っている人にとってシートベルトは欠かせないものですよね。
2008年には一般道路でもどの座席に座っていてもシートベルトを着用することが義務付けられました。

しかし、なぜか路線バスに関してはシートベルトがついていないですよね。
高速バスなどはシートベルトを着用することが義務付けられていますが、この違いは何なのでしょうか。

自動車の装備については「道路運送車両の保安基準」というもので基準が設けられており、シートベルトについてもこの基準によって装着の義務の有無が決まっています。
この基準によると、乗車定員11名以上の路線バスにはシートベルトの設置や装着の義務が無いそうで、2008年のシートベルトの着用が義務付けられた時も路線バスだけは除外されていたのでした。

以上がバスの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月20日)
秋のお彼岸入り
バスの日
お手玉の日

■明日は何の日?(9月21日)
国際平和デー
ファッションショーの日

■昨日は何の日?(9月19日)
苗字の日

スポンサーリンク



フォローする