9月20日はお手玉の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

お手玉の日今日は何の日
9月20日の「今日は何の日?」は「お手玉の日」です。
また「お手玉の日」にちなんで「お手玉は日本発祥ではない」「競技お手玉が存在しルールも存在する」などお手玉にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月24日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

9月20日はお手玉の日

今回は「お手玉の日」について解説していきます!
なぜ9月20日が「お手玉の日」なのかというと、1992年9月20日に第1回全国お手玉遊び大会が愛媛県新居浜市で開かれたことが由来となっています。

「お手玉の日」については日本のお手玉の会によって制定された記念日となります。
日本のお手玉の会によるとこの日を「お手玉遊びの魅力をPRする日」だとしています。

現在では大道芸人がジャグリングでお手玉のような事をしていますが、お手玉をする機会が確実に減っていますよね。
昔は歌を歌いながらお手玉をしたりして、コマやけん玉のように子供の定番の遊びの一つでしたが、完全にゲームソフトなどに居場所を取られてしまった感じがします。

お手玉という遊び自体はとても敷居が低くて、家の中に球状のものがあればいつでも始められるものでしたが、最近ではスマホゲームなど簡単に楽しめる娯楽も急速に普及したため、お手玉という遊び自体が忘れられつつある気がします。
筆者が小学生だったころはお手玉を3つ使って続けることが出来たらヒーローのようにもてはやされたので、必死にお手玉を練習した記憶があります。

年配の方など昭和に生まれた人にとっては馴染みの深い遊びで、今でもお手玉が出来るという人も意外と多いのではないでしょうか。
現代は娯楽が増えてきたこととコンピュータの普及によってこうしたアナログな遊びが廃れつつありますが、9月20日の「お手玉の日」にはぜひとも昔なつかしのお手玉で遊んでみてくださいね。

スポンサーリンク

お手玉の雑学

今回は「お手玉の日」にちなんで「お手玉の雑学」を紹介します。

お手玉は日本発祥ではない

お手玉といえば日本人が古来から行っている遊戯の一つであり、日本が発祥の遊戯だと思われていますよね。
しかし、お手玉は実は日本発祥の遊びではないって知っていましたか?

世界で「お手玉」というものが初めて誕生したとされている国は古代ギリシャとなります。
日本では布に小豆を入れてお手玉にするのが一般的ですが古代ギリシャでは羊のかかとの骨を使ってお手玉遊びをしていたとされています。

日本にお手玉が伝わったのは奈良時代のことだったとされていて、中国から伝わった「石名取玉」というものがお手玉の原型になったそうです。
これは現在でも法隆寺に残されています。

また、奈良時代よりも以前に聖徳太子がお手玉遊びをしていたという説も存在しています。

競技お手玉が存在しルールも存在する

実はお手玉には「競技お手玉」というものが存在していてルールについても設定されているんです。
競技お手玉のルールについては「日本のお手玉の会」によって定められているようです。

まず、8枚の畳を正方形に並べてその中央の2m×2mがお手玉の競技エリアとなるそうです。
その競技内エリアの中で2人が対戦するのですが、お手玉に関しても4.5cm×9.0cmの布4枚で作った座布団型であり、中身は小豆で重さは40gという決まりがあります。

お手玉の投げ方で種目が決まっており、個人種目は8種目、団体競技は5人1組で行われ5種目に分けられているそうです。
まさかお手玉が競技となっているのには驚きですよね。

以上がお手玉の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月20日)
秋のお彼岸入り
バスの日
お手玉の日

■明日は何の日?(9月21日)
国際平和デー
ファッションショーの日

■昨日は何の日?(9月19日)
苗字の日

スポンサーリンク

フォローする