9月21日はファッションショーの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ファッションショーの日今日は何の日
9月21日の「今日は何の日?」は「ファッションショーの日」です。

スポンサーリンク

9月21日はファッションショーの日

今回は「ファッションショーの日」について解説していきます!
なぜ9月21日が「ファッションショーの日」なのかというと、1927年9月21日に銀座の三越呉服店で日本初のファッションショーが行われたことが由来となっています。

ファッションショーといえば流行の最先端を行くような洋服を着てきらびやかなステージをモデルが歩くイメージがありますよね。
しかし、当時の日本人の服装といえば着物が主流だったため、当然ながら開催されたファッションショーについても着物のファッションショーでした。

ファッションショーでお披露目されることになった着物については、一般公募によって寄せられたデザインを採用したものだったそうです。
この日に行われた日本初のファッションショーでは、初代水谷八重子をはじめとした3人の女優がモデルを務めました。

ファッションショーというとかなり最近のものをイメージしますが、約100年ほど前から日本でも開催されていたというのはちょっと驚きですよね。
現在ほどオシャレに気を遣う女性も当時はかなり少なかったとは思いますが、どの時代でもやはり女性というのはオシャレ好きだったんですかね。

三越呉服店でもこの日のファッションショーにかなり気合を入れていたのか、日本初の自動ドアやエレベーターの設置などもしたおかげでお客さんも集まり、ファッションショーは大変な盛り上がりを見せたそうです。

スポンサーリンク

ファッションの雑学

今回は「ファッションショーの日」にちなんで「ファッションの雑学」を紹介します。

カチューシャと呼んでいるのは日本だけ

日本ではカチューシャといえばヘアアクセサリーとして知られていますよね。
しかし、実はこのヘアアクセサリーの事をカチューシャと呼んでいるのは日本だけなんです。

そのため、カチューシャは日本だけで通じる日本語であり、アメリカやロシアなどの人にカチューシャといっても通じません。
カチューシャは英語圏では「ヘアバンド」や「アリスバンド」と呼ばれています。

なぜ日本ではヘアバンドのことをカチューシャと呼ぶようになったのかというと、大正時代にトルストイの小説『復活』を題材にした演劇が大人気となり、この作品の主人公が「カチューシャ」だったためなんです。
「カチューシャ」を演じた松井須磨子がこの形をしたヘアバンドをつけていたため、その後はそのヘアバンドの名前が「カチューシャ」と呼ばれることになりました。

ちなみに「カチューシャ」とはロシアでは女性の名前に使われるものであり、エカテリーナの愛称として知られています。

カーディガンの名前の由来

カーディガンと言えば、肌寒い時にさっと着れて、老若男女問わずとても使いやすいアイテムですよね。
そんなカーディガン、少し変わった名前のような気もしますが、名前の由来はどこからなのでしょうか。

これはクリミア戦争時に活躍した名将カーディガン7世伯爵から来ています。
戦争で負傷した兵が保温の為すぐに着ることが出来るよう、Vネックのセーターを前開きにしてボタンをつけたのがはじまりとされています。

前開きになったことで、軍服の上からもさっと羽織ることも出来るようになりました。
ちなみに実際にカーディガンと名付けられたのは、カーディガン7世伯爵が亡くなった後の事だったようです。

戦争から生まれた商品というのはたくさんありますが、カーディガンもその一つだったのですね。
以上がファッションの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月21日)
国際平和デー
ファッションショーの日

■明日は何の日?(9月22日)
国際ビーチクリーンアップデー
カーフリーデー

■昨日は何の日?(9月20日)
秋のお彼岸入り
バスの日
お手玉の日

スポンサーリンク

フォローする