9月22日は国際ビーチクリーンアップデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

国際ビーチクリーンアップデー今日は何の日
9月22日の「今日は何の日?」は「国際ビーチクリーンアップデー」です。

スポンサーリンク



9月22日は国際ビーチクリーンアップデー

今回は「国際ビーチクリーンアップデー」について解説していきます!
なぜ9月22日が「国際ビーチクリーンアップデー」なのかというと、海のゴミ問題が深刻化したことが由来となっています。

「国際ビーチクリーンアップデー」については、アメリカ・サンフランシスコに本部のある海洋自然保護センターによって1985年から実施されている記念日となります。
この日に近い週末には世界各地で一斉に海岸のごみ拾いが行われていて、その数量・種類等を調べることによって、海洋のゴミの発生元や、地球環境への影響を調査しています。

日本でもクリーンアップ全国事務局(JEAN)によって1990年から「国際ビーチクリーンアップデー」が実施されています。
クリーンアップ全国事務局によるクリーンアップ・キャンペーンは、アメリカの環境NGO「オーシャン・コンサーバンシー」の呼びかけに応えて、日本と繋がっている海のゴミ問題を解決するために始まったものとなります。

日本では9月までにたくさんの人によってビーチが利用された結果、海にゴミが溜まってしまう事もあるそうです。
砂浜にはガラス片などのゴミが落ちていることもあるため、サンダルを履かずに歩いていると怪我をしてしまうこともあります。

暑い時期に海を楽しむことは悪いことではありませんが、なるべく奇麗に海を使うことを心掛けたいですね。

スポンサーリンク



海岸の雑学

今回は「国際ビーチクリーンアップデー」にちなんで「海岸の雑学」を紹介します。

ビーチサンダルは実は日本発祥

ビーチを歩く時には欠かせないビーチサンダルですが、その履き心地の良さに軽装の時の履物としている人や、たまに職場でもビーチサンダルを履いている人もいますよね。
「ビーチサンダル」という名前からして海外が発祥のものに思われがちですが、実は「ビーチサンダル」については日本が発祥の履物なんです。

1930年に名古屋市で発行された「名古屋市の家庭副業」には「ゴム草履」という履物が登場するのですが、この「ゴム草履」がビーチサンダルの原型となったものだとされています。
つまりは1930年時点ではすでにビーチサンダルのような履物が存在していた事になります。

その後、1952年にアメリカ人工業デザイナーのレイ・パスティンと内外ゴムの技術者生田庄太郎によって新たなゴム草履が開発されることになるのですが、この商品名が「ビーチサンダル」だったのです。
1970年以降になるとハワイのサーファーなどを中心として使われるようになり、これが広まっていったことから世界でビーチサンダルが履かれるようになったのでした。

ちなみにビーチサンダルは日本語であり、英語では「フリップフロップ(Flip-flops)」と呼ばれています。

テトラポッドは正式名称ではない

海岸に行くとたくさんのテトラポッドが並んでいるのが見られますよね。
波が高くて強い日には波をうち消す役割をしてくれているのがテトラポッドなのですが、実は当たり前のように使っている「テトラポッド」という言葉は正式名称ではないことを知っていましたか?

実は「テトラポッド」という名称については株式会社不動テトラが登録した商標名なんです。
他社からも波をうち消すような商品は発売されていて、菱和コンクリート株式会社からは「クリンガー」日建工学株式会社からは「グラスプ」という名称で発売されています。

これらの商品の正式名称は波を打ち消すことから「消波ブロック」とされています。
以上が海岸の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月22日)
国際ビーチクリーンアップデー
カーフリーデー

■明日は何の日?(9月23日)
秋分の日
テニスの日
不動産の日

■昨日は何の日?(9月21日)
国際平和デー
ファッションショーの日

スポンサーリンク



フォローする