【2017年】9月23日は秋分の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

秋分の日今日は何の日
9月23日の「今日は何の日?」は「秋分の日」です。

スポンサーリンク



9月23日は秋分の日

今回は「秋分の日」について解説していきます!
「秋分の日」の「秋分」とは二十四節気の一つとなっています。

「秋分」というもの自体は広く知られていますが「二十四節気」というものに関しては実はあまり知られていないんですよね。
日本には春夏秋冬などの季節を表す「四季」という言葉がありますが、それ以外にも季節を表す言葉がたくさんあります。

「二十四節気」についても季節を表す言葉となっていて、一年間を二十四に分けることによって更に季節を細かく分かりやすくしたものと考えてもらえればわかりやすいかと思います。
「秋分」以外にも春には「春分」がありますが、それ以外にも「夏至」や「冬至」なども有名な二十四節気の仲間になります。

二十四節気以外にはさらに季節を細かくした七十二候、また雑節という暦日が存在しています。
「秋分」には昼と夜の時間の長さがほとんど等しくなります。

また「秋分」の時期には「秋のお彼岸」を迎えていて、この時期にはご先祖様の供養を行うためにお墓参りをするという人も多いですよね。
「秋分の日」という祝日が存在していることから、その日一日だけを「秋分」と考えている人も多いかもしれません。

しかし、実は「秋分の日」というのはその年の「秋分」という二十四節気が始まる起点の日となっていて、次の二十四節気が訪れるまでは「秋分」は続きます。
ちなみに、次の二十四節気は「寒露(かんろ)」となります。

スポンサーリンク



秋の雑学

今回は「秋分の日」にちなんで「秋の雑学」を紹介します。

秋はひったくり犯罪が増加する

秋といえば「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」など様々な楽しみがありますよね。
しかし、注意をしてほしいのが実は秋になると犯罪が増える傾向があるそうです。

特にひったくり犯罪が夏から秋にかけては増加するそうで、秋には行楽シーズンであることから外出が増えたり、日が短くなって暗い時間帯が増えるため、それをひったくり犯が狙っているというわけですね。
夏には男性ホルモンの分泌が盛んになるため、ひったくりなどの犯罪よりも暴力事件が増えるそうですが、秋になると男性ホルモンの分泌が減ってくるために、弱者を狙った犯罪が増えるんです。

また、満月になると犯罪が増えるというデータもあります。
満月の時には人間の脳の活動が乱れやすくなっていて、判断力が鈍ることから犯罪が増えてしまうそうです。

秋の月見のシーズンで満月の夜の時間帯は特にひったくりなどに注意しなければならないということですね。

さつまいもは皮ごと食べるとオナラが出づらい

秋の味覚の代表といえば「さつまいも」ですよね。
この時期にさつまいもを買ってきてお家でふかして食べる人も多いのではないでしょうか。

しかし、さつまいもを食べると気になってしまうのが「オナラ」ですよね。
一人の時はいいですが、人前だと我慢することになってお腹が痛くなってしまうという人もいますよね。

実はさつまいもは皮ごと食べるとおならが出づらくなるのです。
さつまいもを食べるとおならが出てしまう原因は、さつまいもに含まれているデンプンが消化されるのに時間がかかってしまい、腸内で発酵してしまうからなんですね。

さつまいもの皮にはヤラピンという成分が含まれているんですが、ヤラピンはさつまいもの消化を促す作用があるため、腸内で発行する時間も短くなり、おならが出づらくなるのです。
以上が秋の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月23日)
秋分の日
テニスの日
不動産の日

■明日は何の日?(9月24日)
清掃の日
畳の日
歯科技工士記念日

■昨日は何の日?(9月22日)
国際ビーチクリーンアップデー
カーフリーデー

スポンサーリンク



フォローする