10円カレーの日の由来と面白い雑学、9月25日の今日は何の日?

10円カレーの日今日は何の日
9月25日の「今日は何の日?」は「10円カレーの日」です。
また「10円カレーの日」にちなんで「日本で最初のカレーの食材」「各社レトルトカレーの名前の由来」などカレーにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

9月25日は10円カレーの日

今回は「10円カレーの日」について解説していきます!
なぜ9月25日が「10円カレーの日」なのかというと、1973年9月25日にレストラン・日比谷松本楼が再オープンしたことが由来となっています。

日比谷松本楼が最初にオープンしたのは1903年のことであり、日比谷公園が開園するのと同年にオープンした100年以上歴史のある老舗となっています。
1971年に発生した沖縄返還学生デモによる放火の影響で全焼してしまい、一度は閉店を余儀なくされました。

その後、全国の日比谷松本楼のファンからの支援を受け、無事に1973年9月25日に再オープンを迎えることが出来たそうです。
そして、支援に対する感謝の気持ちを伝えるための行事として「10円カレーチャリティ」が開催されるようになりました。

2018年の10円カレーチャリティは第46回目となり、過去に開催された45回分の寄付金の合計額は約2261万円を達成したそうです。
2018年9月25日に行われる10円カレーチャリティでは、集まった寄付金が西日本豪雨への義援金として使われるそうなので、ぜひ参加してみてくださいね。


カレーの雑学

今回は「10円カレーの日」にちなんで「日本で最初のカレーの食材」「各社レトルトカレーの名前の由来」などカレーにまつわる面白い雑学を紹介します。

日本で最初のカレーの食材

現在の日本で食べられているカレーライスの食材といえば、牛、豚、鶏肉などが定番となっていますよね。
しかし、日本で最初にカレーのレシピが公開された際には、なんとアマガエルを食材として使うように書かれていたのです。

海外では食用カエルを普通に食べる文化の国もありますが、普段あまり食べないカエルの入ったカレーってなんだか気持ち悪いですよね。
日本で初めてカレーのレシピが公開されたのは1872年のことであり、当時はまだ牛や豚を食べるといった欧風の文化は日本に根付いていませんでした。

そこで、安価で手に入りやすい食材として選ばれたのがカエルだったんですね。
気になるカエルの味はさっぱりとしてとても食べやすく、その食感は鶏肉に似ているそうです。

各社レトルトカレーの名前の由来

各社から様々なレトルトカレーが発売されていますが、どうやらその一つ一つにも由来があるそうです。
今回はレトルトカレーの代表的なものの名前の由来について解説します。

ククレカレー・・・レトルトカレーといえば温めるだけで調理が必要ないということから、Cook Less(クックレス)のカレー、略してククレカレー。

ボンカレー・・・フランス語で「美味しい」「良い」といった意味を持つ「ボン」という単語をカレーにくっつけて、ボンカレー。

ジャワカレー・・・南国風の辛いカレーがコンセプトのカレーであることから、南の島である「ジャワ島」からジャワをとって、ジャワカレー。

以上がカレーの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

■今日は何の日?(9月25日)
主婦休みの日
骨董の日
10円カレーの日
歯茎の日
プリンの日

■明日は何の日?(9月26日)
ワープロ記念日
台風襲来の日
プルーンの日
風呂の日

■昨日は何の日?(9月24日)
清掃の日
畳の日
歯科技工士記念日
海藻サラダの日
削り節の日