9月26日はワープロ記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ワープロ記念日今日は何の日
9月26日の「今日は何の日?」は「ワープロ記念日」です。

スポンサーリンク



9月26日はワープロ記念日

今回は「ワープロ記念日」について解説していきます!
なぜ9月26日が「ワープロ記念日」なのかというと、1978(昭和53)年9月26日に東芝が世界初の日本語ワープロ「JW-10」を発表したことが由来となっています。

もしかすると今の若い人には「ワープロ」といっても通じないかも知れないですね。
「ワープロ」とは「ワードプロセッサ」の略となり、文書を作成するための機械です。

それまでは文書の作成といえば手書きやタイプライターで行うものでしたが、仮名やローマ字を変換して漢字に改めたり、文章の追加や削除が容易に出来るようになったワープロはとても画期的なものでした。
このワープロの内容だけを見ると、正直言ってパソコンとの違いがあまりわかりませんよね。

ワープロは文書を作成するための専門の機械であるため、パソコンのようにネットワーク接続したりなどは出来ません。
現代ではパソコンの他にもスマートフォンなどでも簡単に文書の作成が出来るようになったため、ワープロが衰退していくこととなりました。

しかし、やはり日本で初めてワープロが登場した時にはかなり画期的なものであり、なんと発売された当初のワープロの価格は630万円もしたそうです。
文書を作成するための機械が630万円もするのは現在では考えられないですよね。

この値段が当時の日本ではいかにワープロが貴重なものであったのかを物語っています。

スポンサーリンク



コンピュータの雑学

今回は「ワープロ記念日」にちなんで「コンピュータの雑学」を紹介します。

世界初のコンピュータウイルスはどんなもの?

皆さんのパソコンはウイルスに感染したことはありますか?
コンピュータウイルスに感染してしまうと個人情報が盗まれてしまったり、または最悪の場合はパソコンを再セットアップしなければいけなくなるなど、大変な目にあいますよね。

そんなコンピュータウイルスはいつ頃に生まれたものなのかというと、実は1986年には既に世界初のコンピュータウイルスが誕生していたのです。
このコンピュータウイルスを作成したのはパキスタン人のアルビ兄弟であり、「Brain」という名前で知られており、その感染規模はなんと10万件以上にもなったそうです。

普通のコンピュータウイルスは悪意を持った人間によって作られたものとなりますが、「Brain」についてはむしろ悪意を持った人間を懲らしめるために作られたものです。
当時のソフトはフロッピーディスクへと不正コピーされてしまい、それを販売するといった行為が横行していました。

そこで、正規の製品ディスクから別のディスクへと不正コピーすると、コピー先で画面に不正コピーである警告を表示するといったウイルスが仕込まれるようになったのです。
不正コピーが横行していたことからどんどんウイルスの感染は広まり、「Brain」は世界初のコンピュータウイルスとしてその名を広めていくこととなりました。

グーグルはミスによって生まれた

世界で最も使われているお馴染みのサーチエンジンの「グーグル」ですが、実は「グーグル」という名前はミスによって生まれたものだって知っていましたか?
当初は「google」という綴りではなく「googol(グーゴル)」という名前にしようとしていたそうなんです。

1997年にグーグルの開発者であるラリー・ペイジ達がドメインを取得する際に「googol.com」というドメイン名を登録しようとしたところ、誤って「google.com」というドメイン名で登録してしまったのです。
結局は「google.com」というドメイン名が採用されることとなって、今ではおなじみの「グーグル」となったのでした。

以上がコンピュータの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月26日)
ワープロ記念日
台風襲来の日

■明日は何の日?(9月27日)
世界観光の日
女性ドライバーの日

■昨日は何の日?(9月25日)
主婦休みの日

スポンサーリンク



フォローする