9月28日は世界狂犬病デー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

世界狂犬病デー今日は何の日
9月28日の「今日は何の日?」は「世界狂犬病デー」です。

スポンサーリンク



9月28日は世界狂犬病デー

今回は「世界狂犬病デー」について解説していきます!
なぜ9月28日が「世界狂犬病デー」なのかというと、9月28日という日付が狂犬病ワクチンの開発者であるパスツールの忌日であることが由来となっています。

「世界狂犬病デー」については2006年に発足した狂犬病予防連盟によって制定された記念日となります。
「狂犬病予防連盟」については米国および英国に本部を置く世界的非営利団体であり、つまり「世界狂犬病デー」は日本だけで実施されている記念日ではなく、世界で実施されている国際デーの一つとなります。

狂犬病予防連盟によるとこの日を「ヒトおよび動物における狂犬病の影響について注意を喚起するとともにその予防法についての情報と助言を提供し、個人や組織体が全地球的な病因を排除するための手助けを行う」という事を目的とした記念日としています。
毎年のこの日には狂犬病の啓発活動が行われたり、犬への予防接種を行うなどの取り組みが実施されているそうです。

日本では狂犬病はあまり見かけない病気となっていますが、実は世界では今でも狂犬病に苦しんでいる国があります。
アフリカやアジアなどの国には狂犬病のワクチンがまだ浸透していないということが原因となって、毎年のように狂犬病で亡くなる人がいるそうです。

ちなみに狂犬病に感染するとその致死率はなんと99.9%となっており、大変恐ろしい病気であることがわかります。

スポンサーリンク



病気の雑学

今回は「世界狂犬病デー」にちなんで「病気の雑学」を紹介します。

イライラする人は心臓病になりやすい

人間の身体にとって重大な病気の一つとして「心臓病」という病気がありますよね。
実は心臓病はイライラしやすい性格の人がかかる傾向のある病気のようです。

とある病院の心臓病棟ロビーの椅子を見てみると、他の病棟に比べて異常に早く擦り切れるという傾向が見られたそうです。
つまり、心臓病患者の方は待たされることにイライラしてストレスを抱えることから、貧乏ゆすりをするなど落ち着きなく動いている人が多いのです。

このイライラしてストレスを抱えてしまうことから心拍数が早くなってしまったりして、心臓などを酷使することとなるため、心臓病になりやすくなってしまうそうです。
90歳以上の長生きをしている人で統計を取ると、普段から特にイライラしたりくよくよしたりしない人が多いという結果も出ています。

「病は気から」という言葉がありますがまさにその通りで、普段から細かいことに苛立ってしまう人は注意が必要ですね。

風邪を完全に治す薬は存在しない

風邪をひいたときに、市販薬や病院で処方された薬を飲むというのは頻繁にあることですよね。
ちょっとした症状では飲まなくても、熱が出たりして症状が重たくなってくると早く治したいと薬を飲む人も多いのではないでしょうか。

しかし、風邪を治す薬など実は存在しないのです。
風邪は様々な病原体が原因となりますが、そのほとんどに抗生剤が効きません。

その為、現在では風邪は自身の治癒力でしか治す事ができないもので、風邪を治せる薬を発明したらノーベル賞もの、と言われている程です。
市販薬も病院で処方された薬も風邪の諸症状を緩和させる働きがあるだけで、根本を解決してくれるものではありません。

風邪を治せる薬が開発されるまでは、治癒力を高める為に充分な睡眠と栄養を摂取することが一番大切そうですね。
以上が病気の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月28日)
世界狂犬病デー
パソコン記念日
プライバシーデー

■明日は何の日?(9月29日)
招き猫の日
クリーニングの日
洋菓子の日

■昨日は何の日?(9月27日)
世界観光の日
女性ドライバーの日

スポンサーリンク



フォローする