9月29日はクリーニングの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

クリーニングの日今日は何の日
9月29日の「今日は何の日?」は「クリーニングの日」です。
また「クリーニングの日」にちなんで「古代ローマではおしっこで洗濯をしていた」「洗濯物は外に干さない方が良い?」など洗濯にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



9月29日はクリーニングの日

今回は「クリーニングの日」について解説していきます!
なぜ9月29日が「クリーニングの日」なのかというと、9月29日という日付が「ク(9)リーニ(2)ング(9)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「クリーニングの日」については全国クリーニング環境衛生同業組合連合会によって1982(昭和57)年に制定に制定された記念日となります。
全国クリーニング環境衛生同業組合連合会によるとこの日を「消費者にもっとクリーニングを利用してもらい、自らもクリーニング技術の向上を目指す」ということを目的とした記念日だとしています。

また「クリーニングをより身近なものに感じてもらったり、クリーニング業界のイメージをアップする」という事も目的となっているそうです。
やはり家庭用の洗濯機では洗濯するのが難しい服があるため、毎年必ず一回はクリーニング屋を利用する機会があるのではないでしょうか。

特に社会人だとスーツは毎日のように着ますし、自分で洗うのが困難なことからクリーニング屋で洗濯してもらうことが多いですよね。
また、衣替えの季節にはコートやジャケットなどを洗ってもらう機会がある他、服だけじゃなく冬に使用した毛布などもクリーニング屋に出すこともありますよね。

全国各地にクリーニング屋が点在しているのも、クリーニング屋が生活に欠かせない存在だからなんですね。

スポンサーリンク



洗濯の雑学

今回は「クリーニングの日」にちなんで「洗濯の雑学」を紹介します。

古代ローマではおしっこで洗濯をしていた

現代では洗濯をする時には洗剤や漂白剤を使うのが当たり前となっていますが、当然昔は服を洗濯するための洗剤は存在していませんでした。
なんと、古代ローマではおしっこが洗濯をする時の洗剤として重宝されていたそうなんです。

現代の感覚でいうと逆に汚れてしまうとしか思えないですよね。
おしっこにはアンモニアが含まれているのですが、このアンモニアがアルカリ性であるため、服についた皮脂などの油汚れを浮かせて奇麗にする効果があるそうです。

当時の古代ローマ人についても、アンモニアの原理は知らなかったものの、おしっこによって確実に洗濯物が奇麗になることは気づいていたんですね。
もちろん服におしっこをかけてごしごし洗うのではなく、まずは灰の入った液体を服を洗った後に、おしっこに服を浸して皮脂などを浮かせ、最後に水ですすぐといった手順で洗濯をしていたそうです。

洗濯物は外に干さない方が良い?

部屋の中では洗濯物が乾きづらく、天気の良い日には外で洗濯物を干したくなりますよね。
しかし、最近では洗濯物は外に干さない方が良いという情報もあるのは知っていましたか?

洗濯物を外に干してしまうと目に見えない花粉やほこりが付着してしまい、特に濡れている衣服については花粉やほこりが付着しやすくなっているため、外に干すとせっかくの洗濯物が汚れてしまうのです。
また、太陽の紫外線を浴び続けることによって衣服の色によっては変色してしまったり、色あせが起きてしまうため、あまり日光に当てるのは良くないとされています。

また、たとえば急に雨が降ってしまった時には洗濯物が濡れてしまうこともあるため、総合的に考えて部屋干しの方が良いとも言われています。
以上が洗濯の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(9月29日)
招き猫の日
クリーニングの日
洋菓子の日

■明日は何の日?(9月30日)
世界翻訳の日
くるみの日
奥様の日

■昨日は何の日?(9月28日)
世界狂犬病デー
パソコン記念日
プライバシーデー

スポンサーリンク



フォローする