接着の日の由来と面白い雑学、9月29日の今日は何の日?

接着の日今日は何の日
9月29日の「今日は何の日?」は「接着の日」です。
また「接着の日」にちなんで「瞬間接着剤の意外な用途」「接着剤の蓋が固まらない理由」など接着剤にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

9月29日は接着の日

今回は「接着の日」について解説していきます!
なぜ9月29日が「接着の日」なのかというと、9月29日という日付が「く(9)っつく(29)」の語呂合わせであることが由来となっています。

「接着の日」については日本接着剤工業会によって制定された記念日となっています。
日本接着剤工業会によるとこの日を「接着剤についてより知ってもらい、接着剤の機能や技術、役割などの情報提供、接着剤業界を活性化する」ということが目的の記念日としています。

DIYや工作などをしている時に、接着剤が指などについて固まってしまい、取れなくなってしまうことってありますよね。
そういう時には40度以上のお湯に、接着剤の付着部分をつけながらこすると接着剤が溶けてきて剥がれやすくなります。

また、女性の方の場合はマニキュアなどを落とす際に使う除光液を使うのがオススメです。
除光液に含まれるアセトンという物質には接着剤の成分を溶かす働きがあることから、強力な接着剤でも剥がすことが出来るそうです。


接着剤の雑学

今回は「接着の日」にちなんで「瞬間接着剤の意外な用途」「接着剤の蓋が固まらない理由」など接着剤にまつわる面白い雑学を紹介します。

瞬間接着剤の意外な用途

瞬間接着剤といえば、もちろんですが普段は木材や金属といったものに使われていますよね。
しかし、現在では当たり前のように工業用として使われている瞬間接着剤も、実は元々は医療用に開発されたものだったのです。

戦場で傷を負った場合はすぐに治療をしなければいけませんが、縫えない傷なども多かったため、医療用の瞬間接着剤が使われることもあったそうです。
例えば、アロンアルファなどは工業用のものが初めて発売されたのは1963年のことであり、その後に医療用としてアロンアルファA三共なども発売されました。

しかし、傷を負った場合に瞬間接着剤を使うと、ばい菌まで一緒に閉じ込めてしまうリスクがあります。
皆さんが所持している瞬間接着剤についてもほとんどが工業用のものになると思いますので、無暗に瞬間接着剤を使って医療行為をするのは止めましょう。

接着剤の蓋が固まらない理由

接着剤は指などに付着するとくっついて固まってしまい、落とすのに苦労しますよね。
しかし、あんなにすぐに固まってしまうのに、接着剤の蓋をしめても固まって開かなくなることってほとんどないですよね。

接着剤の蓋が固まって開かなくならない理由には「空気」が関係しているんです。
接着剤が固まるためには空気と接する必要があり、当然ながら蓋が閉まっている状態では空気に触れていないため、蓋が固まらないのです。

逆にいえば、空気に触れている状態だとすぐに固まってしまうため、蓋を開けた状態で放置するのは避けた方がよいでしょう。
以上が接着剤の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

■今日は何の日?(9月29日)
招き猫の日
クリーニングの日
洋菓子の日
接着の日
ふくの日

■明日は何の日?(9月30日)
世界翻訳の日
くるみの日
奥様の日
クミンの日
みその日
EPAの日
そばの日

■昨日は何の日?(9月28日)
世界狂犬病デー
パソコン記念日
プライバシーデー
くつやの日
にわとりの日