9月30日はくるみの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

くるみの日今日は何の日
9月30日の「今日は何の日?」は「くるみの日」です。

スポンサーリンク



9月30日はくるみの日

今回は「くるみの日」について解説していきます!
なぜ9月30日が「くるみの日」なのかというと、9月30日という日付が「く(9)るみ(3)はまるい(0)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「くるみの日」については長野県東御市などのくるみ愛好家によって制定された記念日となります。
また、この時期はくるみが出荷される時期に当たる事も「くるみの日」を制定した由来になっているそうです。

この日については「くるみの食材としての素晴らしさ、用途の広さなどをアピールする」ということも目的だとされています。
くるみは健康や美容にもよくてダイエットなどにも効果的だとされていて、一時期話題になったことがありましたよね。

くるみが健康に良いとされているのにもくるみを食べることによって様々な効果があるからなんです。
くるみを食べることによって「悪玉コレステロールを減らす作用」や「抗酸化作用」「皮膚の代謝促進作用」「神経沈静作用」「滋養強壮作用」などの効能が得られると言われています。

また、くるみにはα-リノレン酸や植物性たんぱく質、食物繊維などが含まれているため、ダイエット効果があるとも言われています。
栄養価が高く高カロリーな食材なんですが、実は糖質がそんなに含まれていないため、栄養は摂取できるのに太りにくい食材なんです。

ダイエットで食事制限をする際には効率よく栄養を補給しながら糖質を抑えるという事もできます。

スポンサーリンク



くるみの雑学

今回は「くるみの日」にちなんで「くるみの雑学」を紹介します。

日本であまりくるみ割り人形が普及しない理由

ドイツの工芸品として有名な物に「くるみ割り人形」というものがありますよね。
兵隊の格好をしたとても特徴的な工芸品であり、ドイツのお土産としても親しまれていますよね。

しかし、日本国内で実際にくるみ割り人形でくるみを割っているところって見かけたことがないと思いませんか?
せっかくくるみを割るための人形があるのなら使いたいところですが、日本国内ではくるみ割り器が主流となっていて、金属で出来た専用器具でくるみを割って食べますよね。

それもそのはず、実は日本で食べられているくるみとヨーロッパで食べられているくるみでは硬さが全然違うんです。
日本国内で食べられているくるみについては、あまりに殻が硬いため金属などで出来たくるみ割り器を使わなければ食べることが出来ないのです。

逆にヨーロッパで食べられているくるみは日本よりも殻が柔らかいため、くるみ割り人形のような木製の工芸品でも殻を割れるようになっているのです。

くるみは日本でも縄文時代から食べられていた

くるみは栄養価が高く健康にも良い優秀な食材であることはわかりましたよね。
そんなくるみの栄養価の高さは昔から知られていたのか、実は日本国内でもくるみは縄文時代から食べられていたとされているんです。

縄文時代の遺跡からくるみが発見されたのですが、DNA鑑定が行われた結果、野生のくるみを食べていたのではなく、栽培されて育てられたくるみが食べられていたことがわかっています。
日本で発見されている最古のくるみの化石は「オオバタグルミ」という種類ですが、残念ながらこの品種に関しては絶滅してしまっているそうです。

以上がくるみの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月30日)
世界翻訳の日
くるみの日
奥様の日

■明日は何の日?(10月1日)
シャツの日
コーヒーの日
メガネの日
日本酒の日

■昨日は何の日?(9月29日)
招き猫の日
クリーニングの日
洋菓子の日

スポンサーリンク



フォローする