10月4日は徒歩の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

徒歩の日今日は何の日
10月4日の「今日は何の日?」は「徒歩の日」です。
また「徒歩の日」にちなんで「不動産の駅から徒歩○○分は何メートル?」「ハイキング、ウォーキング、散歩の違い」など徒歩にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月4日は徒歩の日

今回は「徒歩の日」について解説していきます!
なぜ10月4日が「徒歩の日」なのかというと、10月4日という日付が10と4で「10(ト)4(フォー)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「徒歩の日」については宮崎県宮崎市の「徒歩を楽しむ会」代表の貞原信義氏によって制定された記念日となっています。
貞原信義氏によるとこの日を「日常生活で歩く習慣を取り戻し健康になる」という事を目的とした記念日としています。

現在では自動車を運転したり電車やバスといった交通機関が存在していますが、僅か100年前までは徒歩で長距離を移動するのが当たり前だったんですよね。
自転車についても明治時代以降に普及したものなので、それまでの日本では移動といえば徒歩というのが常識でした。

「徒歩の日」の目的にもなっていますが、日常生活で歩く習慣をつけておくことって本当に大切ですよね。
怪我や病気で長期の入院をしてしまった場合などには、足の筋肉が弱ってしまって最初は立って歩くことすら困難になり、リハビリからスタートになるため普段から無意識に歩く事によって筋肉が維持されている事を痛感してしまいます。

普段から何かと楽をしがちで身体がだらしなくなってしまったという人は「徒歩の日」を機会にしてちょっとの距離は歩いて移動するという習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

徒歩の雑学

今回は「徒歩の日」にちなんで「徒歩の雑学」を紹介します。

不動産の駅から徒歩○○分は何メートル?

通勤に電車を使っている人にとっては、新しい家に引っ越す際には最寄りの駅まで徒歩で何分ぐらいかかるのか、距離がどれぐらいあるのか、といった事がとても気になりますよね。
不動産のホームページを見てみると「徒歩○○分」といった表記がしてありますが、この表記には規則が設けられていて、80メートルを徒歩1分の距離として換算しているんです。

そのため、「駅から徒歩5分」などと表記されている場合には最寄りの駅から大体400メートルの距離があることがわかります。
これは明確な規則として存在しているため、距離をごまかして少しでも駅から近く見せようとしたりすると処罰の対象となります。

この80メートルを徒歩1分としたのは、実際に女性がヒールを履いて歩いて確かめたものが基準となっているため、男性であれば実際の時間よりも速く、子供や老人などであればこの時間よりも遅く最寄りの駅に到着する事もあります。

ハイキング、ウォーキング、散歩の違い

外を歩き回る事を意味する言葉として「ハイキング」「ウォーキング」「散歩」といったものがありますよね。
この3つの言葉の違いについて知っていましたか?

ハイキングについては基本的には目的地を決めて景色などを楽しみながら歩くことをいいます。
運動というよりは歩くことを楽しむために行うためのものですね。

ウォーキングについては基本的には運動不足解消や健康になるために行う運動になります。
ハイキングと比べるとちゃんと腕を振って歩いたり、歩数計を使って歩数を計って汗をかいて痩せるために行っている人が多いです。

散歩については特に目的も決めずにぶらぶらと散策することを言います。
ちなみに人間は一日で平均5キロを歩いて、寿命は80年とすると「5×365×80=146000km=地球3周半」ほどという距離を歩くそうです。

以上が徒歩の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月4日)
徒歩の日
天使の日
証券投資の日

■明日は何の日?(10月5日)
レジ袋ゼロデー
時刻表記念日

■昨日は何の日?(10月3日)
登山の日
飲むオリーブオイルの日

スポンサーリンク

フォローする