日本刀の日の由来と面白い雑学、10月4日の今日は何の日?

日本刀の日今日は何の日
10月4日の「今日は何の日?」は「日本刀の日」です。
また「日本刀の日」にちなんで「実は日本刀が語源となっている日本語一覧」など日本刀にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月4日は日本刀の日

今回は「日本刀の日」について解説していきます!
なぜ10月4日が「日本刀の日」なのかというと、10月4日という日付が「とう(10)しょう(4)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「日本刀の日」という記念日については、岡山県岡山市の本部を置く「全日本刀匠会」によって制定された記念日となります。
「全日本刀匠会」は現在では伝統美術工芸品である日本刀の刀剣製作技術の研究や開発、新作の刀剣の普及活動などを行っている団体です。

この日は「日本刀に対する正しい知識を広め、美術品としての美しさや文化的な価値、継承していくべき技術の大切さを伝える」ということを目的とした記念日となっています。
日本には「銃刀法」という法律があることから、多くの人が日本刀などの刀を免許無しで所持してはいけないと思っていますよね。

しかし、日本刀は美術工芸品にあたることから、所持するだけならば特に免許を取得する必要はないそうです。
ただし、日本刀を制作するとなると話は別で、刀鍛冶の免許を取得しなければ法律違反になってしまうため注意が必要です。

スポンサーリンク

日本刀の雑学

日本刀の日今日は何の日
今回は「日本刀の日」にちなんで「実は日本刀が語源となっている日本語一覧」など日本刀にまつわる面白い雑学を紹介します。

実は日本刀が語源となっている日本語一覧

普段よく使われている日本語には、実は日本刀が語源や由来になっているものがとても多いのです。

しのぎを削る

「しのぎを削る」とはお互いに力を出し合い、激しく争うことの例えとして使われる言葉ですが、実は日本刀が語源由来の言葉です。
刀で斬り合う際には、刀の鎬(しのぎ)の部分が激しくすれ合い、削り落ちるような感覚があることから「しのぎを削る」という言葉が誕生しました。

切羽詰まる

「切羽詰まる」という言葉の「切羽」とは、刀の鍔つばの部分が、柄つかと鞘さやに接するところの両面に添える薄い金物のことです。
固定して動かないようにすることから、物事が動かなかったり、身動きができない状況の例えとして使われるようになりました。

反りが合わない

日本刀はどれも同じような反り方をしているように見えて、一本一本が違う反り方をしています。
そのため、他の刀の鞘に入れようとすると反りが合わなくて入らないことから、人との相性が悪いという言葉で使われるようになりました。

スポンサーリンク

焼きを入れる

現在では怖い意味で使われている言葉ですが、本来は最後の仕上げとして刺激を与えるという意味の言葉です。
刀も最後の仕上げでは焼くことによって更に丈夫に仕上げています。

なまくら

「なまくら刀」という言葉があるように、「なまくら」についても元々は日本刀に使われている言葉でした。
刀の焼き加減が中途半端な状態だと切れ味が悪くなってしまうことから、中途半端なことを「なまくら」という呼ぶようになりました。

柄の間

「柄の間」の「柄」とは日本刀の持ち手の部分のことです。
日本刀の刃の部分に比べると柄はかなり短いことから、「柄の間」とは短い時間を指す言葉として使われるようになりました。

以上が日本刀の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月4日)
徒歩の日
天使の日
証券投資の日
日本刀の日
みたらしだんごの日

■明日は何の日?(10月5日)
レジ袋ゼロデー
時刻表記念日
みそおでんの日
チーズケーキの日

■昨日は何の日?(10月3日)
登山の日
飲むオリーブオイルの日
アンパンマンの日
くるみパンの日

スポンサーリンク

注目記事

フォローする