10月5日はレジ袋ゼロデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

レジ袋ゼロデー今日は何の日
10月5日の「今日は何の日?」は「レジ袋ゼロデー」です。

スポンサーリンク



10月5日はレジ袋ゼロデー

今回は「レジ袋ゼロデー」について解説していきます!
なぜ10月5日が「レジ袋ゼロデー」なのかというと、ゴミ問題が深刻化していることから少しでもゴミを減らそうと考えたことが由来となっています。

「レジ袋ゼロデー」についてはスーパーマーケットの業界団体である日本チェーンストア協会によって2002年に制定された記念日となります。
ゴミを少しでも減らすためにマイバッグを持参するように呼びかけられているそうです。

レジ袋というものが日本に登場してスーパーマーケットやコンビニエンスストアで使われるようになったのは1970年ごろのことでした。
しかし、近年になってからはゴミが増えることによる環境問題が発生してしまったことから、スーパーなどでは袋が有料化するなどの対応がとられるようになりました。

また、自分で買い物袋を持参することによってポイントがもらえるなどのサービスを行っているスーパーなどもあるそうです。
外に落ちているスーパーの袋などは確かに昔に比べて減ったように感じますが、逆にレジ袋を廃止したことによってマイバッグを利用した万引き被害が増加してしまうなどの現象も起こっているそうです。

スポンサーリンク



スーパーの雑学

今回は「レジ袋ゼロデー」にちなんで「スーパーの雑学」を紹介します。

レジ袋が開発された意外な由来

1970年ごろに登場してスーパーマーケットやコンビニなどで利用されるようになったレジ袋ですが、買った品物を持ち帰るために開発されたもののように思いますよね。
しかし、実は元々は買い物用に開発されたわけではないんです。

実はレジ袋は元々は梨園で使うために開発されたものだったんですね。
梨園で働く女性は梨を収穫する時に竹やプラスチック製のカゴを使っていたのですが、カゴがよくストッキングに擦れて伝線してしまったそうです。

そのことからポリエチレン製である袋を使うようになり、これがレジ袋の元祖になったとされています。
レジ袋が梨園で使われるようになったばかりの頃は当然ですがレジ袋という名前ではなく「軟質合成樹脂手堤袋」という名前だったようです。

やがて買い物にも便利だという事でスーパーやコンビニで転用されるようになったというわけですね。

雨の日や雨の翌日は商品が安くなる

スーパーで買い物をする際には少しでも安く済ませられるように考えて買い物をしますよね。
そのように普段から食費の節約を心掛けている人は、雨の日か雨の日の翌日に買い物へ行くことをお勧めします。

なぜなら、雨の日については商品が安くなりやすいからなんです。
雨が降ると当然ですが客足が遠のいてしまうため、その日のうちに売りたかったものや賞味期限の近づいたものを特売で売り出す傾向があるのです。

また、雨が降っている時と同様に、雨の日の翌日は前日の商品が売れ残っていて、賞味期限が近付いていることから安売りされることが多いのです。
以上がスーパーの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月5日)
レジ袋ゼロデー
時刻表記念日

■明日は何の日?(10月6日)
国際協力の日
役所改革の日

■昨日は何の日?(10月4日)
徒歩の日
天使の日
証券投資の日

スポンサーリンク



フォローする