10月5日は時刻表記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

時刻表記念日今日は何の日
10月5日の「今日は何の日?」は「時刻表記念日」です。

スポンサーリンク



10月5日は時刻表記念日

今回は「時刻表記念日」について解説していきます!
なぜ10月5日が「時刻表記念日」なのかというと、1894(明治27)年10月5日に庚寅新誌社から日本初の本格的な時刻表である「汽車汽船旅行案内」が出版されたことが由来となっています。

実は日本初の時刻表については福沢諭吉の勧めによって作られたもので、手塚猛昌という人物がイギリスの時刻表を参考に作成し、発車時刻や運賃のほか紀行文等も掲載されていたそうです。
電車の時刻表というものが100年以上も前から作られていたのは少し驚きですよね。

時刻表が100年以上前に存在していた事も驚きですが、日本における鉄道の始まりは実は江戸時代だったという事も驚きです。
実際の蒸気機関車が走っていたというわけではないですが、1853年にはロシアからエフィム・プチャーチンが来航し、蒸気で走る機関車の模型などが日本にもたらされていたそうです。

実際に1854年にはアメリカのマシュー・ペリーによって江戸幕府の役人の目の前で模型蒸気機関車を走らせたという記録も残っています。
その後も蒸気機関に関する原理や構造への理解を深めていった日本は、明治時代初期である1872年には鉄道が開通して機関車が走るようになったのでした。

スポンサーリンク



電車の雑学

今回は「時刻表記念日」にちなんで「電車の雑学」を紹介します。

電車で居眠りをしても倒れない理由

皆さんは電車に乗っている時に立ったままウトウトして寝ている人を見た事がありませんか?
正直寝ていなくても電車内で立ちながらバランスを取るのには神経を使うのですが、立って寝ている人は「あっ!倒れる!」と思ってもすっとバランスを調整して何故か倒れないですよね。

なぜ無意識に体勢をたて直すことが出来るのかというと、人間に備わっている三半規管のおかげなんです。
三半規管は人間の意思とは関係なく働いているものであり、三半規管内に入っている石や液体が身体が傾くことによって人間の身体を刺激して、反射的に傾いた身体を元に戻そうとしているんです。

そもそもなぜ居眠りをしてしまうと頭ががくっと倒れてしまいうのかというと、頭がボウリング球ぐらいの重さがあるからです。
人間が起きて自立している間は、自然と力が入って重たい頭を支えているんですね。

電車の運転中にトイレに行きたくなった場合

日々定刻通りに運行しなければならない電車では、あらゆるハプニングを想定しておかなければなりません。
例えば、電車の運転中にトイレに行きたくなった場合はどうすれば良いのでしょうか。

とある私鉄では、特別マニュアルはないようですが、運転士が無線で連絡を取り途中駅で別の乗務員と交代をするという方法を取っています。
また、交代した後、その運転士はその日の乗務から外されてしまうこともあるようです。

あまりにもトイレによる交代が多い乗務員は運転の業務から外されてしまうこともあるほど、運転士のトイレ事情はシビアなのです。
乗務員も、運転業務前にはコーヒーや乳酸菌飲料を摂取しないなど体調管理は徹底しているようです。

トイレ事情は誰にでも起こり得ることだからこそ、日々の心がけが必要なのですね。
以上が電車の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月5日)
レジ袋ゼロデー
時刻表記念日

■明日は何の日?(10月6日)
国際協力の日
役所改革の日

■昨日は何の日?(10月4日)
徒歩の日
天使の日
証券投資の日

スポンサーリンク



フォローする