10月6日は役所改革の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

役所改革の日今日は何の日
10月6日の「今日は何の日?」は「役所改革の日」です。
また「役所改革の日」にちなんで「全国の役所の変わった部署名」「役所や銀行でシャチハタを使えない理由」など役所にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月6日は役所改革の日

今回は「役所改革の日」について解説していきます!
なぜ10月6日が「役所改革の日」なのかというと、1969(昭和44)年10月6日に千葉県松戸市役所に「すぐやる課」ができたことが由来となっています。

「すぐやる課」って物凄く特徴的な部署名ですよね。
この部署名を考えたのは当時の松戸市の市長である松本清市長であり、「すぐやらなければならないもので、すぐやり得るものは、すぐにやります」をモットーとしていました。

「すぐやる課」では役所の縦割り行政では対応できない仕事に、すぐ出動してすぐに処理をしたことから、市民にはとても評判が良かったそうです。
そして、松本清という名前がどこかで聞き覚えのある名前のように感じた人もいるかと思いますが、松本清さんについてはドラッグストアで有名な「マツモトキヨシ」の創業者でもあるんですね。

役所の職員などの公務員は何かと「マニュアル通りの仕事しかしない」「リストラなどが無いため仕事に熱意が無く適当」などいわゆる「お役所仕事」をしていると揶揄されがちですよね。
しかし、全国の役所に「すぐやる課」のようなスピーディに仕事をこなす部署が設置されれば不満も少なくなり、公務員の仕事の評価についても見直されるかもしれませんね。

スポンサーリンク

役所の雑学

今回は「役所改革の日」にちなんで「役所の雑学」を紹介します。

全国の役所の変わった部署名

千葉県松戸市役所に「すぐやる課」といった部署があるように、実は全国の役所には変わった名前の部署が存在しているんです。
例えば北海道札幌市には「市民の声を聞く課」といった部署が存在していて、札幌市の市政に関することであったり、日常生活の悩みや困りごとについて、専門の相談員にアドバイスをもらえるような部署があります。

その他に青森県弘前市にはいかにも青森県らしい「りんご課」という部署があります。
「りんご課」については青森のリンゴの生産振興であったり、販売促進のための対策などが主な業務となっています。

山梨県には「富士山課」と呼ばれる部署が存在していて、主に富士山に関する業務を担当しています。
富士山の登山に関する情報の提供、または富士山のイベントの推進やライブカメラの設置などを行っています。

役所や銀行でシャチハタを使えない理由

朱肉を必要としないシャチハタは手軽に使えて便利ですよね。
しかし、役所や銀行などの重要な場面ではシャチハタは使用できないことになっているのです。

シャチハタに使われているインクは時間が経つと印影が薄くなってしまうなど欠点があります。
最近の物は改良されてインクの質も良くなってきたようですが、それでもシャチハタが使えないのにはもう一つ理由があります。

それはシャチハタの印面がゴムで出来ており劣化しやすいことにあります。
せっかく役所や銀行で印影を登録しても、印面自体が劣化してしまっては本人確認が出来なくなってしまいます。

また、シャチハタでなかったとしても、量産されている印鑑では印鑑登録が出来ないことが殆どです。
「その印鑑が自分のものである」ことを証明するものなのに、登録した印鑑が他にも存在していたら意味を成さなくなってしまいますよね。

ちなみに、シャチハタは正式に書くと「シヤチハタ」らしいです。
以上が役所の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月6日)
国際協力の日
役所改革の日

■明日は何の日?(10月7日)
盗難防止の日
ミステリー記念日

■昨日は何の日?(10月5日)
レジ袋ゼロデー
時刻表記念日

スポンサーリンク

フォローする