石油の日の由来と面白い雑学、10月6日の今日は何の日?

石油の日今日は何の日
10月6日の「今日は何の日?」は「石油の日」です。
また「石油の日」にちなんで「石油と原油の違い」「石油はどのようにして作られた?」など石油にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

10月6日は石油の日

今回は「石油の日」について解説していきます!
なぜ10月6日が「石油の日」なのかというと、10月6日という日付の数字を「1(イ)0(オ)6(ル)」とし、並べ替えるとオイル(石油)となることが由来となっています。

また、1973年10月6日には第一次オイルショックが発生したことから、その教訓を生かしてもらうために10月6日を「石油の日」としたそうです。
「石油の日」という記念日については株式会社燃料油脂新聞社によって制定されました。

世界の人々の生活や様々なインフラなどを支えるためには、石油は欠かすことのできない重要な資源となっていますよね。
この日はそうした資源の重要性であったり、石油販売拠点であるガソリンスタンドなどの社会的な意義を、多くの人に再認識してもらうことが目的となっています。

オイルショックが発生した当時は高度経済成長を迎えていた日本ですが、オイルショックの影響により経済成長が終わるという大打撃を受けました。
他にも、石油資源が不足するという危機感から、消費者がスーパーなどに押し掛けてトイレットペーパーを買いだめするなどの騒動も発生しました。


石油の雑学

石油の日今日は何の日
今回は「石油の日」にちなんで「石油と原油の違い」「石油はどのようにして作られた?」など石油にまつわる面白い雑学を紹介します。

石油と原油の違い

今回は「石油」について解説してきましたが、似たような言葉に「原油」と呼ばれるものがありますよね。
おそらく「石油」と「原油」の違いについて説明出来る人はほとんどいないはずです。

「石油」と「原油」の違いについては、明確に定義があるわけではありませんが、おおまかな呼び分けはされているそうです。
例えば、石油についてはまだ地中にあって採取されてない状態であり、採取されて地上に出てくると「原油」と呼び分けられることもあるそうです。

この場合の「石油」と「原油」の違いについては、地中にあるのか地上にあるのかの違いになっていますよね。
また、石油という言葉自体は、ガソリンなどの燃料も含めて、石油製品全般を意味する言葉として使われることもあるそうです。


石油はどのようにして作られた?

石油がどのようにして誕生したかは定かではありませんが、石油は「ケロジェン」と呼ばれるものだったそうです。
「ケロジェン」とは太古に存在したプランクトンの死骸に含まれていたものであり、これが海底などに積み重なっていきました。

やがて、その上に砂や泥などが積み重なり、プランクトンの死骸なども長い年月をかけて積み重なっていきます。
そして、気が遠くなるような時間をかけて、バクテリアや地下の熱の働きによって「石油」へと変化したものだと考えられているのです。

油田が特定の地域にしか存在しないのは、そこがプランクトンの死骸がたまりやすい地形をしていたことに関係があると考えられています。
中東などの地域に油田が多いのは、大昔にテチス海という広く浅い海が存在しており、石油が出来やすい条件を満たしていた可能性が高いからなんですね。

以上が石油の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

■今日は何の日?(10月6日)
国際協力の日
役所改革の日
石油の日
メロンの日
手巻きロールケーキの日

■明日は何の日?(10月7日)
盗難防止の日
ミステリー記念日
生パスタの日

■昨日は何の日?(10月5日)
レジ袋ゼロデー
時刻表記念日
みそおでんの日
チーズケーキの日